logo_s

“KANDYTOWN”の呂布と“SANABAGUN.”の高岩遼が俳優デビュー 原宿VACANTでショートフィルム『ストリート兄弟』試写会(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年9月10日 渋谷区
“KANDYTOWN”の呂布と“SANABAGUN.”の高岩遼が俳優デビュー 原宿VACANTでショートフィルム『ストリート兄弟』試写会(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前にある「VACANT」でショートフィルム『ストリート兄弟』の試写会とレセプションパーティが開催される。日程は2016年9月10日(土)。

メインビジュアル

本作『ストリート兄弟』は、BUDDHA.inc代表を務める映像作家・神崎峰人氏が手がけた映像作品。作品内では、ヒップホップ・クルー「KANDYTOWN」の呂布氏と、本格派JAZZ HIPHOPチーム「SANABAGUN.」の高岩遼氏が俳優デビューを果たしている。同じ年齡で、東京のストリートで出会った2人が、「ストリート兄弟」というユニットで自身初のショートフィルム作品に挑戦する。

当日は試写会のほか「ストリート兄弟」のライブも行われる。また、同作の挿入歌として使用されている、「ストリート兄弟」によるオリジナルサウンドトラックも準備されているという。

PHOTO BY AoyamaShoichi

PHOTO BY AoyamaShoichi

PHOTO BY MasashiYamada

PHOTO BY MasashiYamada

本作に関して、呂布氏、高岩氏、神崎氏からコメントが寄せられているので、あわせてチェックしてみてほしい。

呂布:
東京のストリートで遊びながら音楽で何年か食ってきた中で、出会ったのが同い年の遼。いろんなタイミングが重なって今回はストリート兄弟という形で映画に挑戦することができた。映像制作には遼との共通の友達でもある峰人を迎えたり、いろいろな人たちに協力してもらいながらアーティストとしての新たな 試みをしている。

高岩遼:
おれ将来たけしさんも超えていきたいから映画もやんねぇとでしょ。」

神崎峰人(映像監督):
映画は初めてだったけど、同世代のhipな2人と遊びながら作れたのは楽しかった。この作品には僕らの夢と希望と何より自由が詰まっている。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP