logo_s

今を懸命に生きる絶滅危惧動物たちの奇跡のショットが約100点 六本木FUJIFILM SQUAREで「世界動物遺産 最後の一頭に、してなるものか。」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年9月9日〜2016年9月28日 港区
今を懸命に生きる絶滅危惧動物たちの奇跡のショットが約100点 六本木FUJIFILM SQUAREで「世界動物遺産 最後の一頭に、してなるものか。」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

絶滅の危機にある動物たちの企画写真展「世界動物遺産 最後の一頭に、してなるものか。」が、港区赤坂のFUJIFILM SQUAREにて開催される。会期は2016年9月9日(金)から9月28日(水)まで。

160909012_01

花園で昼寝をするホッキョクグマ/カナダ © Mitsuaki Iwago

現在、地球上で発見された生物は約174万種といわれるが、その多くが人間の活動(農薬使用や乱開発、過剰捕獲、戦争)の影響によって種の存続危機に直面している。国際自然保護連合(IUCN)が2015年に発表した「絶滅の危機に瀕している種のレッドリスト」には2万2,784種の生物が記載され、そのうち哺乳類や魚類などの脊椎動物だけでも7,713種。

本展は、そんな動物たちがたくましく生きる姿を集めた企画展。岩合光昭氏をはじめ国内外の第一線の写真家たちによる、野生動物の息遣いや体温までも感じられるような奇跡のショット約100点を展示する。

160909012_04

ヤクシカとヤクザル/鹿児島県屋久島 © Mitsuaki Iwago

160909012_03

岬に群れをなすフェルナンディナウミイグアナ /ガラパゴス諸島フェルナンディナ島 © Frans Lanting

20世紀以降、毎年50種ともいわれるスピードで生き物の絶滅が進んでいる。生命を繋ごうと懸命に生きる野生動物たちの姿は、もう2度と撮れないものばかり。今しか見られない貴重な写真の数々を堪能しよう。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP