logo_s

渋谷の線路沿いを日本酒神輿が練り歩く 今年で6年目を迎える「渋谷のんべい横丁祭り2016」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年10月7日〜2016年10月8日 渋谷区
渋谷の線路沿いを日本酒神輿が練り歩く 今年で6年目を迎える「渋谷のんべい横丁祭り2016」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区にある渋谷駅のJR山手線線路沿いにある「のんべい横丁」で、「渋谷のんべい横丁祭り2016」が開催される。日程は2016年10月7日(金)、10月8日(土)の2日間(写真は昨年の様子)。

当日の様子

神輿

太平洋戦争後の混乱期、日本の各所に誕生した闇市。そのひとつとして1950年頃に生まれたのが渋谷区にある「のんべい横丁」だ。もとは屋台やバラックだったものが2階建ての物件となり、今にその姿を残している。一歩横丁に足を踏み入れると、10名も入ったらぎゅうぎゅうの店がいくつも立ち並んでおり、昭和の風情を感じずにはいられない。

当日の様子②

今年で6年目を迎える「渋谷のんべい横丁祭り」。昨年は約2000人が訪れ、細い路地に人が溢れかえった。今年のテーマは「お酒で繋がる。世界が広がる。」。祭りに訪れた人々に、酒を通じた出会いや新しい体験を楽しんでもらおうというもの。日本文化を感じたい外国人観光客だけでなく、華やかな渋谷にある横丁文化を知りたい、という人にもおすすめのイベントだ。

樽酒販売

開催期間中は、樽酒を載せた「日本酒神輿」が横丁を練り歩くという。また、ジャズの生演奏や“流し”のパフォーマンスが登場し、祭りを盛り上げる。表通りでは日本酒のほか、限定デザインの枡を販売。スタンプを集めるとプレゼントが贈られる、横丁スタンプラリーも予定されている。

流し

ファッションの街となった渋谷に、今も残る昭和の横丁。毎晩のように灯りも客足も絶えない路地だが、この2日間は神輿でさらに活気づく。表通りを歩かず、横丁へ足を運んでみてはいかがだろうか。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    “アングラ”再訪 #1紅テント 座長代行と看板女優が語る、2019年の...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP