logo_s

子ども服の変遷から時代ごとの“子ども像”を辿る 東京都庭園美術館で「こどもとファッション」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月16日〜2016年8月31日 港区
子ども服の変遷から時代ごとの“子ども像”を辿る 東京都庭園美術館で「こどもとファッション」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

子どもの服飾の歴史を辿る展示「こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し」が、港区白金台の東京都庭園美術館で開催中。会期は2016年8月31日(水)まで。

160716_photo_slide01

「ギャルリー・デ・モード・エ・コスチューム・フランセ」(ピエール=トマ・ルクレール原画/デュパン版刻/Plate 146 1781年/エッチング/手彩色/紙/個人蔵/石山彰氏旧蔵)

ある時代において子どもたちがどんな服を着ているのかは、それを与える大人たちが「子ども」という存在をどう認識しているのかを反映している。一人前になるまでの過渡期と捉えているのか、大人とは異なる特性をもつ存在として愛すのか……。本展では、大人によって作られた「子どもらしさ」というイメージの歴史を、子ども服のデザインの変遷をとともにたどっていく。

160716_photo_slide03

「男児用スリーピース・アンサンブル」(1850-1860年代/英国製/藤田真理子氏蔵)

160716_photo_slide04

「登校」(児島虎次郎/1906年/油彩、キャンバス/高梁市成羽美術館蔵)

消耗が激しく、良い状態で保存されている資料の少ない子ども服だが、本展では西洋の18世紀から20世紀初頭にかけての貴重な例と、明治以降の日本の洋装こども服を展示。その他、絵画、ファッションプレート、絵本、写真など150点余りから子どもの装いの変遷をたどる。

一般的な作り手側ではなく、着る人や着せる人の視点で展開される、新しいファッション史を楽しむことができる展示となっている。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP