logo_s

都市生活の基盤を支える“土木”とは 土木エキスパートやアーティストの作品でその正体に迫る 21_21 DESIGN SIGHTで「土木展」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月24日〜2016年9月25日 港区
都市生活の基盤を支える“土木”とは 土木エキスパートやアーティストの作品でその正体に迫る 21_21 DESIGN SIGHTで「土木展」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

「土木」にテーマを絞ったイベント「土木展」が、港区赤坂の「21_21 DESIGN SIGHT」で開催されている。会期は2016年9月25日(日)まで。

「土木展」キービジュアル

「土木展」キービジュアル

私たちが暮らす環境を支える「土木」。道路や鉄道などの交通網、携帯電話やインターネットなどの通信技術、上下水道、災害に対する備えなど、もはや必要不可欠な存在だ。しかし、私たちの毎日の暮らしに深く繋がる土木の存在を実感する機会は多くないのが実情だ。

exhibits_slide02

「渋谷駅解体」田中智之(イベントWEBページより)

本展は、これらを改めて見つめ直し、人々がより良い未来を考えるきっかけを提供するもの。展覧会ディレクターには、全国の駅舎や橋梁の設計、景観やまちづくりなどのデザインを手がけ、土木と建築分野に精通する建築家の西村浩氏を迎える。

exhibits_slide04

「霊山トンネル」西山芳一(イベントWEBページより)

exhibits_slide11

「現場で働く人達 開削。掘る。」 株式会社 感電社+菊池茂夫(イベントWEBページより)

また、土木のエキスパートたちによる展覧会企画チームと、参加作家のデザイナーやアーティストがリサーチを行ない、幅広い人々がより深く土木を知れるような作品を多数展示する。参加参加および団体は以下のとおり。

〈参加作家・参加団体〉

EAU、株式会社感電社+菊池茂夫、柿木原政広、桐山孝司、桒原寿行、康 夏奈(吉田夏奈)、GSデザイン会議+岩本健太、設計領域、田中智之、田村圭介+昭和女子大学環境デザイン学科 田村研究室、ドローイングアンドマニュアル、西山芳一、公益社団法人 日本左官会議、八馬 智、ヤックル株式会社、ヤマガミユキヒロ、横山裕一、ライゾマティクスリサーチ、ワークヴィジョンズ、WOW、渡邉竜一+ローラン・ネイ、403architecture [dajiba] ※敬称略

地形や自然環境は各地で異なり、人々が活動するために必要な社会基盤もまた地域によって異なる。本展は、日々の生活の根底を支えるデザインを伝え、生活環境を整えながら自然や土地の歴史と調和するデザインについて考えていく。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP