logo_s

両さんがテーマパークをプロデュース!? 浅草花やしきで「低予算型テーマパーク 浅草亀やしき」(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年8月20日〜2016年8月28日 台東区
両さんがテーマパークをプロデュース!? 浅草花やしきで「低予算型テーマパーク 浅草亀やしき」(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

台東区浅草の「浅草花やしき」と『こち亀』がコラボした期間限定イベント「低予算型テーマパーク 浅草亀やしき」が開催される。会期は2016年8月20日(土)から8月28日(日)まで。

スクリーンショット 2016-08-02 19.13.53

イベントトップページ ©秋本治・アトリエびーだま/集英社

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(著者・秋元治/以下『こち亀』)といえば、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1976年に連載がスタートし、今年で40年目を迎える最長寿の人気漫画。派出所がある葛飾区亀有をはじめ、浅草や神田など、東京下町を舞台に主人公の両津勘吉がドタバタ劇をくり広げる人情(?)ギャグ作品だ。

本企画は、『こち亀』の連載40周年と、来たる9月の単行本第200巻の発売を記念したもの。作中で遊園地経営や町興しを成功させてきた実績を買われた両津が、浅草の老舗遊園地「浅草花やしき」のプロデュースを依頼されたという設定だ。両津の実家は花やしきからほど近い台東区千束で佃煮屋「よろず屋」を営んでおり、作品中にも花やしきが幾度も登場する。両津とは縁が深い場所なのである。

スクリーンショット 2016-08-02 20.19.42

イベントトップページ ©秋本治・アトリエびーだま/集英社

両津らしいインチキ臭さに満ち溢れたイベントWEBページには、パロディや小ネタがギッシリ。ワンペースのルヒーやナリト、ゴ久ウなどのキャラクターたちや「亀有競馬場」(メリーゴーラウンド?)、浅草の新名物「具無し焼きそば」など、約20のアトラクションなどが用意されているという。

今年、アニメ『こち亀』(フジテレビ系列)も2008年の放送終了以来、8年ぶりに同キャストで復活するという。そんな40周年を記念する、花やしきでの記念イベント。こち亀ファンは足を運びたくなること間違いなしだ。追加情報については「本番までに気が向いたらここで発表する気がしないでもない」とのことで、こまめに公式ページを覗いてみよう。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.3
    池尻の住宅街に現れた黒い一軒家 クリエイティブチームCEKAI(セカイ...
  • no.4
    大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによるレターセットも販売 ...
  • no.5
    岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“四十八手”をテーマに...
PAGE TOP