logo_s

ティルマンス撮影の金星からUFOファン垂涎の“うつろ舟”まで 森美術館で「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月30日〜2017年1月9日 港区
ティルマンス撮影の金星からUFOファン垂涎の“うつろ舟”まで 森美術館で「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区六本木にある森美術館で「宇宙と芸術展」が開催される。会期は2016年7月30日(土)から2017年1月9日(月・祝)まで。

ヴォルフガング・ティルマンス「金星の日面通過」(2012年/紙にインクジェットプリント/約44×33cm/所蔵:ワコウ・ワークス・オブ・アート)

宇宙は古来、人間にとって永遠の関心事であり、また信仰と研究の対象として、世界各地の芸術の中で表現され、多くの物語を生み出してきた。

本展では、隕石や化石、レオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」、そして現代アーティストによるインスタレーションや、宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点を一挙に公開する。

「両界曼荼羅」(鎌倉時代 14世紀/双幅、絹本着色/各235.5×197.2cm/所蔵:三室都寺、京都)

岡吉国宗「流星刀」(1898年/隕鉄/刃長 68.6cm 反り 1.5cm/所蔵:東京農業大学図書館/撮影:木奥惠三)

岡吉国宗「流星刀」(1898年/隕鉄/刃長 68.6cm 反り 1.5cm/所蔵:東京農業大学図書館/撮影:木奥惠三)

スペース・エクスプロレーション・アーキテクチャ・アンド・クラウズ・アーキテクチャ・オフィス「マーズ・アイス・ハウス」)2015年/3Dプリント模型、台座に内照ライト、映像/作家蔵/画像提供:Clouds AO/SEArch)

スペース・エクスプロレーション・アーキテクチャ・アンド・クラウズ・アーキテクチャ・オフィス「マーズ・アイス・ハウス」)2015年/3Dプリント模型、台座に内照ライト、映像/作家蔵/画像提供:Clouds AO/SEArch)

会場は「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成されている。過去から現在まで、変容してきた人類の宇宙観を踏まえながら、現在解明されている宇宙の全容、そして宇宙開発の進む未来はどうなっていくのかを、貴重な資料とともに掘り下げていく。

チームラボ「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space」

インスタレーションとしては、チームラボによる作品「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space」や、セミコンダクター「ブリリアント・ノイズ」が展示される。また、エアロスミスのアルバム「Just Push Play」のアルバムジャケットに使用された、空山基の作品「セクシーロボット」も登場する。

空山 基「セクシーロボット」

空山 基「セクシーロボット」

グッズも充実している。展示資料のひとつ「小笠原越中守知行所着舟」(万寿堂編)に登場するUFOによく似た「うつろ舟」をモチーフにした、「うつろ舟 どんぶり」(2916円)は、UFOファン垂涎のアイテムだ。

「うつろ舟 どんぶり」(2916円)。このほかに水筒も。

「小笠原越中守知行所着舟」(万寿堂編)中の、うつろ舟が登場する場面。

そのほか、宇宙服に付いているワッペンをオリジナルで制作した「ミッションワッペン」(918円)や、前述の「セクシーロボット」のトートバッグ(3780円)なども取り揃える。

「ミッションワッペン」(918円)

「セクシーロボット」グッズ各種。

また、会場内で貸出される音声ガイド(解説時間 約35分、貸出料金・税込み550円)のナビゲーターを務めるのは、タレント・デザイナーの篠原ともえ氏。学生時代に天文部に所属し「宙ガール」としても知られる篠原氏による音声解説にも注目だ。なお、チームラボ作品の解説は代表取締役の猪子寿之氏が解説をおこなうという。

(左)猪子寿之氏、(右)篠原ともえ氏。

宇宙と人類の関わりを、芸術の側面から紐解くスペシャルイベント。長期展示となっており、関連イベントも多数行われる予定だが、まずはスタートのこの夏、ぜひ会場へ足を運んでもらいたい。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP