logo_s

夢と希望に満ちた「童画」先駆者たちの名作が集う展覧会 目黒区美術館で「童画の国から-物語・子ども・夢」(目黒区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月16日〜2016年9月4日 目黒区
夢と希望に満ちた「童画」先駆者たちの名作が集う展覧会 目黒区美術館で「童画の国から-物語・子ども・夢」(目黒区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

童画家の武井武雄氏と初山滋氏の展覧会「童画の国から-物語・子ども・夢」が、目黒区目黒の目黒区美術館にて開催されている。会期は2016年9月4日(日)まで。

e9785dc04bc82dad4a6f71464dd298d1

武井武雄「暑い夏」(1967年/水彩・紙/『チャイルドブック』1967年7月号掲載]/イルフ童画館蔵)

大正から昭和にかけて絵雑誌『コドモノクニ』(1922年創刊)を中心に、モダンで感性溢れる作品で多くの子どもたちの心を捉えた武井武雄氏(1894-1983)と初山滋氏(1897-1973)。日本の童画界をリードした偉大なパイオニアである彼らふたりが描く世界は、今なお多くの人々を魅了している。

子どもに与えるために大人が描いた絵を指す言葉「童画」は、武井氏が使い始めたもの。当時は軽視される傾向にあった子ども向けの絵に、「子どもにこそ本物を」と初めて真摯に向き合い、高い芸術性を持ち込んだのが武井氏と初山氏であった。

2a9174d435e7ec97bf29fc13677ad133

初山滋「あめのひ」(制作年不詳/水彩・紙/イルフ童画館蔵)

66696b783fbe405b26432adba7bb6a02

武井武雄「あいすくりーむのやまですべろ」(1957年/水彩/クレヨン・紙 /『あそび』1957 年7月号掲載/イルフ童画館蔵)

本展では、武井氏と初山氏の戦後期の作品を中心に、初山氏に師事した工業デザイナー・秋岡芳夫氏の作品も交え、魅惑的な童画の世界を紹介する。「物語」、「子ども」、そして「夢」をキーワードに、ノスタルジーと希望の交錯する「童画の国」を楽しもう。

関連記事

EVENT

  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日
  • “颯爽と都会を生きる女性たち”をテーマにファッショ...
    2018年9月21日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーが手掛けるシリーズ...
    2018年9月5日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・穴八幡宮で「一陽来復...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
PAGE TOP