logo_s

異形の化け物から血みどろ絵まで 背筋も凍る浮世絵鑑賞で猛暑を乗り切る 太田記念美術館で「怖い浮世絵」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年8月2日〜2016年8月28日 渋谷区
異形の化け物から血みどろ絵まで 背筋も凍る浮世絵鑑賞で猛暑を乗り切る 太田記念美術館で「怖い浮世絵」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

幽霊や妖怪、血みどろ絵など「怖い」浮世絵作品にテーマを絞った展示「怖い浮世絵」が、渋谷区神宮前の太田記念美術館で開催される。2016年8月2日(火)から8月28日(日)まで。

280801

歌川国貞(三代豊国)「見立三十六歌撰之内 藤原敏行朝臣 累の亡魂」(太田記念美術館蔵)

人間の根源的な感情のひとつである「恐怖」。怖いものに対し、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとしてきた。しかし「怖いもの見たさ」という言葉が表すように、それらは同時に強烈な興味を呼び起こすこともまた事実。江戸の人々も、怖いものへの好奇心は旺盛だったらしく、歌舞伎や小説などの怪談物や、怪異や妖怪を描いた浮世絵などが今に残っている。

本展は、江戸の人々が抱いた恐怖のイメージを浮世絵から探る展覧会。生前の恨みをはらそうとする幽霊たちや、異形の化け物、凄惨な血みどろ絵まで、「怖い」浮世絵が一堂に集まる。

280812

歌川国芳「四代目市川小団次の於岩ぼうこん」(太田記念美術館蔵)

怖いものの代表格とも呼べる幽霊。江戸時代後期には幽霊が歌舞伎に登場する話が流行し、それに伴って浮世絵にも幽霊が多く描かれている。累(かさね)やお岩、お菊、浅倉当吾、崇徳院など、凄まじい怨念をもって現世に現れる恐ろしい幽霊の姿は、恐ろしい一方で今の日本人にも馴染み深い題材といえる。

280806-768x366

歌川国貞(三代豊国)『東駅いろは日記』(三枚続、太田記念美術館蔵)

鬼や海坊主、大蛇、土蜘蛛、九尾の狐から化け猫まで、浮世絵には異形の化け物たちが数多く登場する。歌川国芳などの浮世絵師たちは、並外れた想像力でそれらを絵画化し、人気を博した。三枚続の大迫力で描かれた作品から、ユーモラスなものまで、化け物たちのさまざまな姿を紹介する。

280811-679x1024

月岡芳年「郵便報知新聞 第五百六十五号」(太田記念美術館蔵)

幕末から明治にかけて流行した、月岡芳年・歌川芳幾による「英名二十八衆句」を筆頭とする「血みどろ絵」。身の毛もよだつような、血にまみれた浮世絵の数々は、当時の物騒な世相をリアルに描き出している。

会期中は3回にわたって、太田記念美術館の学芸員によるスライドトークも行なわれる。夏まっただ中の8月、涼を取るのにピッタリの展示となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP