logo_s

田原総一朗や江口寿史ら著名人が継承する“赤塚イズム”とは 桑沢デザイン研究所ほかで「赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座」(港区・渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月19日〜1999年11月30日
田原総一朗や江口寿史ら著名人が継承する“赤塚イズム”とは 桑沢デザイン研究所ほかで「赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座」(港区・渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

漫画家・赤塚不二夫氏の生誕80年を記念して、「バカ田大学夏期講座」が、桑沢デザイン研究所や虎ノ門講堂などで開催される。受講期間は2016年7月19日(火)から(終了日未定)。

赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座

「赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座」(公式サイトより)

本イベントは、昨年2015年12月から3月にかけて開催された同講座が「夏期講習」として復活するもの。赤塚氏の名作『天才バカボン』に登場する、早稲田大学の隣にあるという「バカ田大学」をモチーフに、アーティストや漫画家、経営者、役者など、様々なジャンルの著名人が登壇。「赤塚イズム」の根底にある“バカ”について、それぞれの知見をもとに熱弁をふるう。

赤塚イズムとは…

昨今、様々な未曾有の出来事が多い中、経済の閉塞感もあり、日本国民が委縮しているのではないかと考えました。ギャグ漫画の帝王「赤塚不二夫」が描いてきたマンガそして幅広い人脈と活動そのものがイズムであると言えます。これを機に気づきを与え、日本が活気満ち溢れる国になることを願い推進したいと考えています。(公式サイトより)

前回の講座の様子は、「DI:GA online」で「赤塚不二夫生誕80年企画『バカ田大学』12/5(土)『ちこくでいいのだ』安齋肇先生」として記事になっている。

今回の夏期講習の講師陣には、現時点でアートディレクターの浅葉克己氏、役者の斉木しげる氏、漫画家のタナカカツキ氏としりあがり寿氏、政治評論家の田原総一朗氏、演出・脚本家の細川徹氏、そして江口寿史氏、大地丙太郎氏、田村信氏からなるギャグユニット「ETT」などが発表されている。受講料はそれぞれ3000円(税込み)。事前にチケット購入が必要となっている。

本講習は全部で20講座を予定しているそうなので、今後のラインナップにも注目したい。

〈プログラム〉
※7月19日(火)時点

講師:浅葉克己
日程:2016年7月19日(火)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:桑沢デザイン研究所 1階

講師:斉木しげる
日程:2016年7月29日(金)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:虎ノ門講堂(ポニーキャニオン本社)

講師:タナカカツキ
日程:2016年8月19日(金)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:虎ノ門講堂(ポニーキャニオン本社)

講師:田原総一朗
日程:2016年8月22日(月)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:桑沢デザイン研究所 1階

講師:しりあがり寿
日程:2016年8月24日(水)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:虎ノ門講堂(ポニーキャニオン本社)

講師:細川徹
日程:2016年9月9日(金)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:虎ノ門講堂(ポニーキャニオン本社)

講師:ETT(江口寿史、大地丙太郎、田村信)
日程:2016年9月13日(火)
時間:開場18:30/開演19:00
場所:桑沢デザイン研究所 1階

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP