logo_s

櫓のターンテーブルから流れる音頭 日本橋中洲あやめ公園で「大江戸祭り盆踊り中洲納涼会前日祭 第1回中州ブロックパーティ」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月16日 中央区
櫓のターンテーブルから流れる音頭 日本橋中洲あやめ公園で「大江戸祭り盆踊り中洲納涼会前日祭 第1回中州ブロックパーティ」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真・文_編集部

中央区日本橋中洲の首都高速6号線高架下で「第1回中州ブロックパーティ」が開催される。日程は2016年7月16日(土)15時から18時まで。最寄り駅は浜町、または水天宮前。

「第1回中州ブロックパーティ」キービジュアル(岸野雄一氏Twitterより)

櫓にDJがいる夏祭り

本イベントは日本橋中洲町会により例年開催されている「中洲納涼会」の前日祭として行われるもので、今回がその第1回となる。主催を中洲町会青年部が務め、協力としてコンビニDJ実行委員会がサポートを行う。

プログラムは以下の通り。

15:00 民謡DJ / DJ:俚謡山脈
15:40 ダブルダッチ(子ども縄とび大会)
16:10 盆踊り講習会
16:30 キッズ・ハウスフロア / DJ:ムードマン
17:10 音頭DJ / DJ:珍盤亭娯楽師匠
18:00 終了

日本民謡に特化した2人組のDJユニット・俚謡山脈による民謡DJや、80年代末から活動を行い、東京のクラブシーンを語るうえで欠かせないDJのひとり、ムードマン氏によるキッズ・ハウスフロア。また過去の国産レコードを使用して新たな聴き方を提示する「和ラダイスガラージ」の一員である珍盤亭娯楽師匠による音頭DJなど、バラエティ豊かなDJで彩られている。

また、子どもが楽しめる縄とび大会やダブルダッチのほか、誰でも参加できる盆踊り講習会も用意されている。

会場となるあやめ公園。

会場となるあやめ公園。

コンビニDJ実行委員会のひとりである岸野雄一氏のTwitterには、課題曲についても書かれている。予習しておけばより楽しめるに違いない。

日本橋中洲という街

祭りは街とともに育まれていく。日本橋中洲は、東京の中央に位置する歴史ある街だ。文字通り隅田川が三方に別れた中洲に位置していたが、江戸時代は「みつまた」と呼ばれていたようだ。渡し船が行きかい、一時期は両国の賑わいにも劣らない賑わいを見せたが、水害に遭い埋め立てを重ねながら街は変容していった。

歌川広重による「江戸名所百景」の「みつまたわかれの淵」。

歌川広重による「江戸名所百景」の「みつまたわかれの淵」。

1886年頃から中洲という呼び名が登場し、1935年に中洲町となった。「日本橋中洲町」という現在の地名になったのは日本橋区と京橋区が統合され中央区が誕生した1947年のことである。余談だが、この合併後の新たな区名の人気投票では江戸区、銀座区、大江戸区、そして東京区などが選出されていたという(『中央区三十年史』より)。それほど中央区という場所は、古くから東京の中心なのである。

現在、日本橋中洲町は交通の要所でもある。1971年には首都高速向島線が完成し、1980年には深川線との接続をはかるため箱崎ジャンクションが完成した。頭上の高速道路は両脇が緩いスロープになっており、周辺の交通量は多い。高架下のすぐ横には民家やマンション、金刀比羅宮が隣接している。

また、高架下を出て隅田川方面へ歩き清洲橋の上に立つと、小名木川との分岐の向こうに東京スカイツリーが鎮座するのが見える。手前を屋形船や水上バスが往来し、昔と今とが重なり合う光景が広がるのもまた面白い。

清洲橋の上から浅草方面を眺める。

清洲橋の上から浅草方面を眺める。スカイツリーはもう少し左手。

そんな日本橋中洲の雰囲気を味わいながら、東京の夏の始まりを感じることができる、音頭と踊りのブロックパーティ。その記念すべき第1回に立ち会ってみては。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP