logo_s

海を制する捕食者たちが大集合 国内初のホホジロザメ大型標本も 国立科学博物館にて「海のハンター展」(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月8日〜2016年10月2日 台東区
海を制する捕食者たちが大集合 国内初のホホジロザメ大型標本も 国立科学博物館にて「海のハンター展」(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

海に住む古今東西の肉食動物が集結する「海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―」が、上野の国立科学博物館にて開催されている。会期は2016年10月2日(日)まで。

アオザメ (所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)

“サメ界のスピード王”アオザメアオザメ(所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館/公式サイトより)

私たちの生活圏を取り囲む海では、今この瞬間にもそこに暮らす生物たちは“食うか・食われるか”の生存競争を繰り広げている。本展では、海のハンターたちが生きるために必要な「捕食」に注目。中でも「顎」や「歯」の進化にスポットを当て、海のハンターの形や大きさ、ハンティングのテクニックなど、多様な姿を紹介していく。

img_14

“最強のハンター 脅威の顎”ホホジロザメ(所蔵:国立科学博物館/公式サイトより)

最大の見どころは、日本初公開となる全長3.2mのオスのホホジロザメ成魚の全身液浸標本。これまで研究用に作製されたホホジロザメ成魚の全身液浸標本は国内外でも例がなく、本展だけの貴重な展示となっている。

img_02

“全長20mにもなった? 最大級の魚竜!!”ショニサウルス頭骨(レプリカ)(所蔵:北九州市立自然史・歴史博物館/公式サイトより)

img_15

“しなる尾鰭で獲物を斬る”ハチワレ(所蔵:北九州市立自然史・歴史博物館/公式サイトより)

このほか、様々な海域に生きるハンターや、太古の海に繁栄したハンターの姿を、液浸標本や骨格標本、剥製、化石、復元模型など160点の展示標本に加え、ハンティングの様子を捉えた迫力ある映像を通じて紹介。また、海の豊かな恵みを享受しながら暮らしている私たち人類も「海のハンター」と捉え、クロマグロやニホンウナギに関するトピック交え人と海との共存についても探っていく。

「ミドリフサアンコウ マイクロビーズミニクッション」(864円税込み)

「ミドリフサアンコウ マイクロビーズミニクッション」(税込み864円)

また物販では図録(税込み2160円)のほか、ミドリフサアンコウのマイクロビーズミニクッション(税込み864円)のようなキュートなグッズも販売される。

私たちにとって、多彩な生物が生息する海の素晴らしさに触れ、生物の命をつなぐ営みについて理解を深めるきっかけとなりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 大正7年創業の羽車が魅せる紙の魅力 KIGIによる...
    2017年3月21日
  • 岡野弥生商店とカストリ書房で同時開催 “春画”と“...
    2017年3月17日
  • 独特のユーモアを放つBRIDGE SHIP HOU...
    2017年3月17日
  • ユダヤ人たちが放浪とともに育んだ食文化を味わう W...
    2017年3月8日
  • 犬、猫、鳥から“珍獣”まで 工芸で表現された動物約...
    2017年3月7日

RANKING

  • no.1
    『東京タラレバ娘』のシンボル「五輪橋」に見る 東京オリンピックの面影
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    日本一のソープ街・吉原発のブランドが見据える5年後の吉原:〈新吉原〉デ...
  • no.4
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由
  • no.5
    〈フォトレポート〉2016.06.07 19:00 at 渋谷 宮下公...
PAGE TOP