logo_s

展示空間そのものにゲーム性を持たせた作品展 目白TALION GALLERYで平山昌尚個展「ゲーム|Game」(豊島区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月16日〜2016年8月14日 豊島区
展示空間そのものにゲーム性を持たせた作品展 目白TALION GALLERYで平山昌尚個展「ゲーム|Game」(豊島区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

豊島区目白にある「TALION GALLERY」で、アーティスト・平山昌尚氏による個展「ゲーム|Game」が開催される。会期は2016年7月16日(土)〜8月14日(日)。

 「ゴミ (6040)」(平山昌尚/2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420mm)

「ゴミ (6040)」(平山昌尚/2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420mm)

「6045」(平山昌尚/2016年/ペン、紙/210x297 mm)

「6045」(平山昌尚/2016年/ペン、紙/210x297mm)

対象物をシンプルな線や色で描き、見る者に様々な思いを巡らせる作品を次々と生み出す平山氏。平面作品だけでなく多数のアートブックも出版しており、海外にも多くのファンを持つ。

平山氏の描く作品は、いずれも強い個性を持ちながら、日常に溶けこむ強度を持っている。それを証明するのが、円を用いた表情豊かなキャラクターや、「行けたら行きます」などのメッセージを使ったドローイングによる、ステッカーやトートバッグ、ノートブックなどのアイテムだ。また、LINEのスタンプとしても親しまれている。

LINEクリエイターズスタンプ「How are you feeling today」()

「How are you feeling today」(「LINEクリエイターズスタンプ」より)

本展では、ユーモアと無意味さ、ルールや拡張性をテーマに、アクリル絵具を用いて制作された新作のドローイングと立体作品を展示する。タイトルのとおり、トランプ、なぞなぞ、すごろく、迷路など、一般的に親しまれているゲームや、カラスのゴミ漁り、エイプリルフールに付く嘘など、日常のささいな場面や出来事にもゲーム性を見いだし、それらから着想を得た作品で構成されている。

「エイプリルフール (6038)」(2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420mm)

「エイプリルフール (6038)」(平山昌尚/2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420mm)

「ゴミ (6042)}(2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420 mm)

「ゴミ (6042)」(平山昌尚/2016年/アクリル絵具、ペン、ボールペン、紙/297x420mm)

展示空間全体がゲーム性を帯びた一つの作品だという。ぜひ実際に訪れて、平山氏の作る“ゲーム”の世界に触れてみてほしい。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP