logo_s

犬神家の一族、時をかける少女、ぼくらの七日間戦争など 時代に挑戦状を突きつけた往年の名作48本を一挙上映! 角川シネマ新宿で「角川映画祭」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月30日〜2016年9月2日 新宿区
犬神家の一族、時をかける少女、ぼくらの七日間戦争など 時代に挑戦状を突きつけた往年の名作48本を一挙上映! 角川シネマ新宿で「角川映画祭」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

角川映画40周年を記念した映画祭「角川映画祭」が、新宿区新宿の「角川シネマ新宿」で開催される。会期は2016年7月30日(土)から9月2日(金)まで。

443626_615

イベントポスター(イベント公式ツイッターより)

出版社を前身とし、メディアミックスを通して数々のヒット作を生み出してきた角川映画。「読んでから見るか、見てから読むか」をキャッチコピーに、出版界との連動や当時まだ画期的だったテレビCMによる大規模な宣伝で時代をリード。老舗映画会社が手がけたことのないような大スケールのエンターテインメント大作を世に送り出し、日本映画界において一時代を築いた。

そんな角川映画が誕生して今年ではや40年。それを記念し、巨匠・市川崑監督の『犬神家の一族』に始まり、昭和時代終了の1988年、宮沢りえの映画デビュー作『ぼくらの七日間戦争』までの傑作映画48本が銀幕に蘇る。単なる娯楽作品の枠に収まらない、企画外の大作たちがラインナップされた。

上映作品一覧は本記事の最後に掲載しているので参照してほしい。

これらの作品をリアルタイムで楽しんだ人はその時代を懐かしみながら、若い世代は当時の熱い時代の息吹を感じながら、パワーにあふれた「角川映画」をぜひスクリーンの大迫力で楽しもう。

また、中央区京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催されている関連イベント「角川映画の40年」に関する記事も参照されたい。

〈上映作品〉

1.犬神家の一族
2.人間の証明
3.野性の証明
4.金田一耕助の冒険
5.蘇える金狼
6.戦国自衛隊
7.復活の日
8.野獣死すべし
9.刑事珍道中
10.スローなブギにしてくれ
11.ねらわれた学園
12.悪霊島
13.蔵の中
14.セーラー服と機関銃
15.化石の荒野
16.汚れた英雄
17.伊賀忍法帖
18.幻魔大戦
19.探偵物語
20.時をかける少女
21.里見八犬伝
22.少年ケニヤ
23.晴れ、ときどき殺人
24.湯殿山麓呪い村
25.メイン・テーマ
26.愛情物語
27.麻雀放浪記
28.いつか誰かが殺される
29.Wの悲劇
30.天国にいちばん近い島
31.カムイの剣
32.友よ、静かに瞑れ
33.結婚案内ミステリー
34.早春物語
35.二代目はクリスチャン
36.キャバレー
37.彼のオートバイ、彼女の島
38.オイディプスの刃
39.時空の旅人
40.火の鳥 鳳凰編
41.黒いドレスの女
42.恋人たちの時刻
43.迷宮物語
44.花のあすか組!
45.ぼくらの七日間戦争

他社
46.悪魔が来りて笛を吹く
47.魔界転生
48.蒲田行進曲

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP