logo_s

出版社から一大映画会社へ 日本映画の勢力図を塗り替えた角川映画の足取りを辿る 国立近代美術館フィルムセンターで「角川映画の40年」(中央区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月26日〜2016年10月30日 中央区
出版社から一大映画会社へ 日本映画の勢力図を塗り替えた角川映画の足取りを辿る 国立近代美術館フィルムセンターで「角川映画の40年」(中央区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

角川映画の軌跡をたどる展示会「角川映画の40年」が、中央区京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。会期は2016年7月26日(火)から10月30日(日)まで。

『犬神家の一族』(公式サイトより)

『犬神家の一族』(1976年/市川崑監督/公式サイトより)

「映画は、映画会社が作るもの」という常識に真っ向から挑み、瞬く間に日本映画の勢力図を塗り替えたのが角川映画だった。出版社の角川書店を母体に創始された角川映画は、巨匠市川崑監督を迎えた『犬神家の一族』(1976年)で表舞台に登場、横溝正史の原作までもベストセラーに押し上げた。

森村誠一『人間の証明』単行本(1976年)  角川文化振興財団所蔵

『人間の証明』単行本(1976年/森村誠一/角川文化振興財団所蔵/公式サイトより)

その後もミステリーやハードボイルド小説を次々と映画化し、角川春樹社長のもと、映画と原作書、さらに主題歌も含めたメディアミッ クスの広報戦略により『人間の証明』(1977年)、『復活の日』(1980年)などヒット作を連発。

『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982年/薬師丸ひろ子ポスター/公式サイトより)

『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982年/薬師丸ひろ子ポスター/公式サイトより)

1980年代に入ると『セーラー服と機 関銃』(1981年)、『時をかける少女』(1983年)などを発表して薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子などのアイドル女優を輩出、さらにはアニメー ション映画にも進出して若い世代を映画館に呼び寄せた。1990年代中期からは新たに角川歴彦社長のもとで再生、『失楽園』(1997年)や『リング』 (1998年)など数々の話題作の中心となって、盛んな映画作りを今も続けている。

本展は、日本社会に国民的なセンセーションをもたらした角川映画の足どりを、当時の華やかな宣伝資料などを通じて振り返るもの。ポスターや原作本、プレス向けのパンフレットなど、今では貴重となった品々を通じて、思い出深い作品と再会を果たすとともに、現代の日本映画を再考するきっかけを与えてくれる展示となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP