logo_s

三茶にレコードプレイヤー約100点が集結!“出張円盤レコード寄席”も開催予定 生活工房で「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」(世田谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月30日〜2016年8月28日
三茶にレコードプレイヤー約100点が集結!“出張円盤レコード寄席”も開催予定 生活工房で「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」(世田谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区太子堂のキャロットタワー内にある「世田谷文化生活情報センター 生活工房」で、「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」が開催される。会期は2016年7月30日(土)から8月28日(日)まで。入場無料。

 「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」キービジュアル

「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」キービジュアル(写真:高見知香)

1960〜80年代に全盛期を迎えたレコード全盛期に大量に生産された手軽なレコード・プレイヤー。おもちゃメーカーや重工業企業まで幅広い業種が手がけており、ラジオ、カセットからエコー、リズム・ボックス、鍵盤まで、様々な昨日が詰め込まれたフォルムは、デザイン的にも面白いものが多い。

本展では、そんな高度成長期の日本人のアイディアが活かされた、面白くもかわいいプレイヤー約100点を展示する。持ち主は杉並区高円寺南の喫茶店&CDショップ「円盤」の田口史人氏。田口氏によるプレイヤーの解説も見ものだ。

展示中のプレイヤーを使った関連イベントとして、7月31日(日)には田口氏がレコード10台の音を聴き比べる「出張円盤レコード寄席」が行われる。また、8月14日(日)には「100 Keyboards」や「100 Toys」といったキーボード、オモチャを駆使したライブを行っているASUNA氏と、「100 Keyboards + 100 Portable Record Players」というパフォーマンスイベントも開催予定だ。申し込みなどの詳細は、以下インフォメーションを参照してほしい。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP