logo_s

池袋新文芸坐、戦後70年企画で60本以上の戦争映画を上映

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年7月26日〜2015年9月11日 豊島区
池袋新文芸坐、戦後70年企画で60本以上の戦争映画を上映
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

20150726

1956年に前身となる「人世坐」としての開館以降、池袋で多くの映画ファンを魅了してきた池袋・新文芸坐。特徴的なプログラムに定評のある同館にて、戦後70年を迎える今年、戦争関連映画を集めた特集上映企画が行われている。

3部構成からなり、合計60本以上の戦争関連映画を一挙に上映するこの企画。7月26日から開始された第1部「戦後日本の歩み」では、「戦争責任を考える」や「貧困と差別の淵から」などの11のテーマごとに新旧を織り交ぜた24作品を上映。

戦後日本のメディア環境やジャーナリズムを基礎づけた大宅壮一原作、岡本喜八監督作品の『日本のいちばん長い日』や、連続射殺魔・永山則夫をモデルに新藤兼人監督がメガホンを取った『裸の十九才』などの名作から、若松孝二監督『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』、山下敦弘監督『マイ・バック・ページ』など近年の話題作などを観ることができる。

上映は2本立てで行われ、一般は1,300円、学生はなんと500円で鑑賞が可能。9月上旬開催の第3部まで続くこの企画で、観客それぞれが映画を通して「戦争」を捉えなおすことができそうだ。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP