logo_s

世代とジャンルを越えた3人の作家による表現とは 山谷佑介&松川朋奈「at home」+ 沢渡朔「Rain」(江東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月4日〜2016年7月2日 江東区
世代とジャンルを越えた3人の作家による表現とは 山谷佑介&松川朋奈「at home」+ 沢渡朔「Rain」(江東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

写真家・山谷佑介氏と画家・松川朋奈氏による二人展「at home」と、写真家・沢渡朔氏による個展「Rain」が、江東区東雲の「YUKA TSURUNO GALLERY」で開催されている。会期は2016年6月4日(土)から7月2日(土)まで。

山谷佑介 〈house#001〉2016, chromogenic print

山谷佑介 〈house#001〉2016, chromogenic print

山谷佑介氏と松川朋奈氏の新作で構成される「at home」は、「家」に象徴されるような私的な日常空間に浮かび上がる、人間の営みの痕跡に焦点を当てた展覧会。

山谷氏は、国内外を放浪してさまざまなアンダーグラウンド・コミュニティで過ごす中で撮影を重ねてきた。家庭を持って以来「家」に興味を持ち始めたという山谷氏。本展では「箱」としての家を、赤外線カメラで外部から撮影した新シリーズを発表している。

松川朋奈「I still think of it「今でも時々思い出すの」〉2016, 80.3 x 116.7cm, oil on panel

松川朋奈〈I still think of it「今でも時々思い出すの」〉2016, 80.3 x 116.7cm, oil on panel

一方、同世代の女性たちの癖や生活習慣などが、身の回りの事物に「痕跡」として残されていること注目する松川氏。近年はインタビューを重ねる中で印象に残ったフレーズを作品の主題とし、インタビュイーたちの持ち物や身体を写実的な表現方法を用いた絵画として再構成した作品を発表している。

ふたりは、写真と絵画という全く異なる方法を用い、またそれぞれ別々な角度から、かつてはそこにあったという不在の痕跡ではなく、その痕跡とともに生き続けるような人々の痕跡に関心をよせている。それらは、他人の存在や日常の不可視な側面へと歩み寄っていこうという取り組みでもある。

rain-1

沢渡朔〈Rain〉 2016, pigment print

沢渡朔氏の「Rain」は、カメラを持つ手に蓄積された時間の中、雨の情景を敢えて無意識に撮影してきたプライベートワーク。長年ファッションフォトやヌードフォトを中心に、女性との向き合いに熱を注いできた沢渡氏。無意識下で色として写り込む雨越しの街の光景を通し、郷愁や希望の情感を自分自身の中に探っているという。

世代とジャンルを超えて構成される本展に期待を寄せたい。

関連記事

EVENT

  • 見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう...
    2018年5月25日
  • 生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林...
    2018年5月24日
  • 世界の注目を集めるペイントアーティスト・チョーヒカ...
    2018年5月21日
  • 変化する都市を有機体としてとらえる写真家・小山泰介...
    2018年5月18日
  • 世界一手軽で、深遠な、非日常への冒険旅行 劇団おぼ...
    2018年5月16日

RANKING

  • no.1
    見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会「おべんとう展」が7月に上野の東...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    生涯をかけた代表作『放浪記』などで知られる作家・林芙美子の展覧会が世田...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP