logo_s

インスタント写真の経過が生んだ美 代官山Speak Forで「Tomasz Gudzowaty, PROOF」ゲルハルト・シュタイデル氏も来日(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月25日〜2016年7月1日 渋谷区
インスタント写真の経過が生んだ美 代官山Speak Forで「Tomasz Gudzowaty, PROOF」ゲルハルト・シュタイデル氏も来日(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区猿楽町のギャラリー「Speak For」で、写真展「Tomasz Gudzowaty, PROOF」が開催される。会期は2016年6月25日(土)から7月1日(金)まで。

box polaroid 002

golf polaroid 001

mongolia 2288 001

本展は、ポーランドの写真家、トマシュ・グゾバティ氏が管理していた「Polaroid TYPE 55」というフィルムを使ったインスタント写真で構成されている。この「Polaroid TYPE 55」はISO50と感度は低いものの、プリントとともにネガフィルムが付属するため、現像の手間を省いてネガが手に入るという点でもカメラマンから強い支持を得ていた。現在では生産終了し入手困難とされている。

通常はフィルム撮影時の確認用として使用され、その後は処分されてしまうことが多いインスタント写真。今回「PROOF」ではこれらの写真に、ネガからプリントされる写真とは異なる即時性と、その後の時間の経過による変化も含めた芸術写真としての視点を当て、一連の作品群として展示をおこなう。

meksyk polaroid 001

box polaroid 007

meksyk polaroid 005

展覧会のパートナーは、世界最高峰のアート出版社と謳われるドイツのSteidl社と、同社の設立者であるゲルハルト・シュタイデル氏。ゲルハルト氏は本展覧会準備のために来日し、会場候補地の選定から展示プランの作成、会場設営方法までを細かく検証したという。6月24日(金)に行われるオープニングレセプションには、トマシュ氏とともに会場に在廊する。また、会期中はSteidl社が制作した同タイトルの写真集も刊行される。

Tomasz

トマシュ・グゾバティ氏。

SZ_Magazin_Steidl

ゲルハルト・シュタイデル氏。

本展は今後全世界での巡回を予定しており、この東京での展示が世界初となる。トマシュ氏とゲルハルト氏両名による、深い芸術への造詣が紡いだ展覧会を、世界に先駆けて体験できる。

「不完全性は写真の本質的な部分で、写真の媒体としての忠実性に対する対価でもあり、それ はある意味、瞬間の偶然的な介入といえる。このコンタクトプルーフはまさに、『写真性』ー写真 の本質に不完全性があることーについての証拠として存在している」


—トマシュ・グゾバティ

関連記事

EVENT

  • 天才醸造家ビービー・グラーツがおくるアートとワイン...
    2017年10月16日
  • バリー・マッギーやマーク・ゴンザレス、トーマス・キ...
    2017年10月11日
  • LAのアートブランド〈bfgf〉のデザイナーが日本...
    2017年10月5日
  • 本の祭典が天王洲アイルへ!出版社からギャラリーまで...
    2017年10月2日
  • 演劇の総合演出も手がけるアーティスト、ディエゴ・シ...
    2017年9月26日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    無類の角打ち狂Mantaschool a.k.a MC.sirafuが...
  • no.5
    東京イチの危険地帯墨田区から考える東京の災害(後編)
PAGE TOP