logo_s

アラーキー最新個展に未発表作含む480点 タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで荒木経惟個展「写狂老人A 76齢」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月25日〜2016年6月29日 新宿区
アラーキー最新個展に未発表作含む480点 タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで荒木経惟個展「写狂老人A 76齢」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

写真家・荒木経惟氏の個展 「写狂老人A 76齢」が、港区六本木のタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて開催されている。会期は2016年5月25日(水)から6月29日(水)まで。

NA_02_72dpi_1200px

「Photo-Mad Old Man A 76th Birthday」(2016年/RP-Pro Crystal print) ©Nobuyoshi Araki

1940年、東京都台東区三ノ輪生まれの荒木氏は、 “アラーキー”の愛称で知られる国民的写真家。世界で最も注目を集めるアーティストの一人でもあり、これまで数多くの写真賞を受賞している。

タカ・イシイギャラリーでの個展としては23度目の開催となる本展は、「写狂老人A 76齢」シリーズよりカラー作品9点、パリのギメ東洋美術館にて開催中の大規模な個展において披露されている最新作「トンボー・トウキョー」より、写真集未収録作品のモノクローム作品471点を抜粋して構成される。

NA_01_72dpi_1200px

「Photo-Mad Old Man A 76th Birthday」(2016年/RP-Pro Crystal print/image size:32.3×40.4cm/ paper size:35.6×43.2cm) ©Nobuyoshi Araki

「写狂老人A 76齢」からの9作品は、ダンサー・KaoRiさんの今年の誕生日を記念して撮影したカラー写真だ。今年76歳を迎えることにかけて6×7のポジフィルムで撮影。その世界には強烈なエロスとタナトスが色濃く反映されている。

na_tigp_160525_009-1

展示風景 PHOTO BY Kenji Takahashi

「トンボー・トウキョー」は、ギメ東洋美術館での個展のために撮り下ろしたモノクロ作品。車の窓から青山墓地を撮影していた時に、背景の高層ビル群がまるで墓石(tombeau)が立ち並んでいるように見えたことから着想を得たという。

「東京しか撮る気が起きない」とこの都市をずっと見つめ続けてきた荒木氏は、過去から現在にいたるまでの東京のドキュメンタリーに私情の位相を写し込み、重ねあわせている。両シリーズからは、荒木氏が写す対象に表裏一体の死生観がより一層強まっていることを窺い知ることができる。氏の現在の心境をとらえた最新作品をぜひ見に行こう。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    〈フォトレポート〉第40回隅田川花火大会
  • no.3
    Pヴァインが考えるニュースタンダードなコンビニとは 下北沢に誕生した「...
  • no.4
    東京で今できる防災とは? 『東京防災』電子書籍で無料配布スタート
  • no.5
    コミック・アブストラクション・ムーブメント最前線を体感する一夜 中目黒...
PAGE TOP