logo_s

今なお勢い衰えぬオノ・ヨーコの現在地 小山登美夫ギャラリーで「硝子の角」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月14日〜2016年6月25日 渋谷区
今なお勢い衰えぬオノ・ヨーコの現在地 小山登美夫ギャラリーで「硝子の角」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

芸術家、オノ・ヨーコ氏の個展「硝子の角」が、渋谷区千駄ヶ谷の小山登美夫ギャラリーで開催されている。会期は2016年6月25日(土)まで。

Glass_KeysToOpenTheSkies_Blue

「KEYS TO OPEN THE SKIES」(2016/Glass) ©Yoko Ono

鑑賞者の想像力を解放させ、行為を触発し、政治や社会の矛盾に切り込むような作品を発表し続けるオノ・ヨーコ氏。その表現形式は美術、音楽、映像、パフォーマンス、詩と幅広く、フルクサス、コンセプチュアルアート、ヴィデオアート、フェミニストアートなど、重要な芸術運動にも多くの影響を与えている。

オノ・ヨーコは長年にわたり、常に自分が感じた事に耳を傾け、現実社会のかすかな気配を聴きわけながら、作品制作と観客との出会いの中に真実や希望を見いだすべく、表現と探求を続けている。

yo_160516_076

“「Painting to Be Stepped On」(1988/Bronze) ©Yoko Ono

yo_160516_063

「Forget It」(1988/Bronze) ©Yoko Ono

本展は、鍵やハンマー、シャベルをモチーフとした、2014〜16年制作のガラス製エディション作品と、2003年にパリ市立近代美術館で行われた個展「Yoko Ono Women’s Room」にあわせ出版された書籍「Spare Room」のテキストを、障子を用いたインスタレーションで展示する。

オノ・ヨーコ氏は1972年「ナウ・オア・ネヴァー」の中で次のように語っている。

「ひとりでみる夢はただの夢
みんなでみる夢は現実だ」

彼女が心に感じた想い、想像上の出来事、そして実際の体験を基にした短いテキストが空間全体に広がり、ガラスの作品とともにオノ・ヨーコ氏の世界観が堪能できる展示となっている。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP