logo_s

トイレットペーパーの芯がインスタレーションアートに コニカミノルタプラザで「廻ルモノコト展」(新宿区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月5日〜2016年6月24日 新宿区
トイレットペーパーの芯がインスタレーションアートに コニカミノルタプラザで「廻ルモノコト展」(新宿区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

新宿区新宿の「コニカミノルタプラザ」でトイレットペーパーの芯を使った展覧会「廻ルモノコト展」が開催されている。会期は2016年6月24日(金)まで。

本展は、アーティストの山田ゆか氏の協力のもと、破棄されるのが当たり前の「トイレットペーパーの芯」を用いて空間全体を作品とするインスタレーション展示。

山田ゆか氏は、長野県生まれの東京育ちの「トイレットペーパー芯リサイクルアーティスト」。デザイナーとして日々モノを作り出している時に、それらが破棄されゴミなり、消耗品として消費されていくことに疑問を持ち、それをきっかけにリサイクルアートに関心を持ったという山田氏。主に場所や空間全体を作品として体験させるインスタレーションアートを行っている。

「色を塗らない」「決まった方法で裁断する」「裁断した芯は全て使う(ゴミを出さない)」という3つのルールで創作されたそれぞれの作品を、会場全体が1つのアートとなるように組み合わせた、幻想的な空間が体感できる。

6月は環境月間。リサイクルやリユースを意識することはもちろん、アートをきっかけに環境問題について考えてみるいい機会かもしれない。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP