logo_s

ART達磨に宿る和とグラフィティの妙 TAV GALLERYでYamabiko Art個展「換骨奪胎」(杉並区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月25日〜2016年7月2日
ART達磨に宿る和とグラフィティの妙 TAV GALLERYでYamabiko Art個展「換骨奪胎」(杉並区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

杉並区阿佐谷北にある「TAV GALLERY」で、Yamabiko Artによる個展「換骨奪胎」が開催されている。会期は2016年6月25日(土)から7月2日(土)まで。

あああ

Yamabiko Artは、福岡県で民芸品や郷土玩具を扱う「山響屋」を経営する傍ら、伊勢丹や高島屋などで縁起物の「ART達磨」を販売する気鋭の絵師。彼が作る達磨の数々には、グラフィティで培ったスキルを駆使した、オリジナリティ溢れるペイントが施されている。

あああ

本展では達磨のほかに、スプレー缶や木材などのマテリアルにペインティングを施した立体作品と平面作品を展示する。招き猫、福助、お多福、熊手などの縁起物や浮世絵といった日本人なら誰しも目にしたことがあるであろう図像ばかりだ。

あああ

Yamabiko Artは本展について「自分らしいエッセンスを注入することで、それらが新鮮に見えて面白いと思ってもらえれば嬉しい」と語る。テーマは「換骨奪胎(かんこつだったい)」。先人の着想や形式に新たな創意を加え、独自の表現を生み出すという意味を持つ言葉だ。日本の伝統表現をただ踏襲するだけでなく、自身のルーツである“グラフィティ”と“和”を融合させることによって、改めて身の回りにある文化に気づくのではないだろうか。

開催にあたり、「TAV GALLERY」キュレーターの岡本奇太郎はステートメントの中で次のコメントを寄せている。

「AとBを足してCを作り、AとBとCを抱き合わせてDという視点を提示する換骨奪胎の名手であるYamabiko Artの作品を皆様に見ていただくことで、普段当たり前すぎて気にも留めないような普遍的なイメージも、角度を変えて見ることで存分に楽しめることが伝われば嬉しい」

「換骨奪胎」を掲げて作られた様々な作品の数々。古きもののなかに浮かぶ新しさの妙を感じ取りたい。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP