logo_s

2.5D演劇が話題の範宙遊泳 代表作と新作の2本立て公演ツアー

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2015年9月2日〜2015年10月3日 目黒区
2.5D演劇が話題の範宙遊泳 代表作と新作の2本立て公演ツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

幼女チラシ裏表

2007年に発足し、東京を中心に活動する範宙遊泳。近年では舞台上に映像を全面的に表示させたり、それによって生じる影を組み合わせた演出スタイルから2.5D演劇とも言われる彼らの第19回公演『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』が、2015年9月2日(水)より3つの都市を横断するツアー形式で行われる。

同公演は代表作であり、東京、横浜、クアラルンプール、バンコクで上演され「バンコク・シアター・フェスティバル2014」で最優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『幼女X』と、その後日談である『楽しい時間』の2本立てで行われる。

2014年には、「うまれてないからまだしねない」で東京芸術劇場で史上最年少単独公演を実現。同作の戯曲は第59回岸田國士賞の最終候補作にもノミネートされている。期待の若手劇団が世界各地で上演してきた代表作と、新作の組み合わせがどう演出されるのか注目だ。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP