logo_s

竹取物語からチームラボまで 宇宙の神秘に迫る展示会 森美術館で「宇宙と芸術展 -かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ-」(港区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月30日〜2017年1月9日 港区
竹取物語からチームラボまで 宇宙の神秘に迫る展示会 森美術館で「宇宙と芸術展 -かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ-」(港区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

古今東西の宇宙にまつわる作品を集めた「宇宙と芸術展 -かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ-」が、港区六本木の森美術館で開かれている。会期は2016年7月30日(土)から2017年1月9日(月・祝)まで。

空山 基「セクシーロボット」(2016年/FRP、鉄、金・銀メッキ調塗料、LEDネオンライト/182×60×60cm/Courtesy: NANZUKA/撮影:Tanaka Shigeru)

空山 基「セクシーロボット」(2016年/FRP、鉄、金・銀メッキ調塗料、LEDネオンライト/182×60×60cm/Courtesy: NANZUKA/撮影:Tanaka Shigeru)

古来より人間にとって永遠の関心事であり続けてきた宇宙。これまで信仰や研究の対象として、世界各地の芸術の中で表現され、多くの物語を生み出してきた。

本展は、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」、そして現代アーティストによるインスタレーションや、宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点を一挙公開する展示会だ。

スクリーンショット 2016-06-02 20.53.42

ガリレオ・ガリレイ「星界の報告」(1610年/書籍/出版:トマス・バリオー二/所蔵:金沢工業大学ライブラリーセンター)

スクリーンショット 2016-06-02 20.52.57

チームラボ「「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space」(2016年/インタラクティブ・デジタル・インスタレーション/4分20秒/サウンド:高橋英明)

会場は「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成され、未来に向かっての新たな宇宙観、人間観を提示している。「私たちはどこから来てどこへ向かうのか」を探る旅ともいえる本展に期待せずにはられない。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
  • no.4
    エアブラシで描いた動物や怪獣がTシャツに 〈Head Porter〉...
  • no.5
    石川県山代温泉を舞台にカワムラユキと蓮井元彦が作品制作 表参道ROCK...
PAGE TOP