logo_s

村上春樹作品を彩るイラストに迫る ちひろ美術館・東京で企画展「村上春樹とイラストレーター - 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸 -」(練馬区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月25日〜2016年8月7日 練馬区
村上春樹作品を彩るイラストに迫る ちひろ美術館・東京で企画展「村上春樹とイラストレーター - 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸 -」(練馬区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

企画展「村上春樹とイラストレーター」が、練馬区下石神井の「ちひろ美術館・東京」で開催されている。会期は2016年5月25日(水)から8月7日(日)まで。

img02-01

現代日本を代表する小説家のひとりである村上春樹氏は、これまでさまざまなイラストレーターと共作をしている。本展は、文学とイラストレーション相互の関係に焦点をあて、村上氏と佐々木マキ氏、大橋歩氏、和田誠氏、安西水丸氏とのコラボレーションを紹介するものだ。

img02-03

小説、エッセイ、翻訳、絵本など多岐にわたるジャンルで書かれた村上氏の文章は、それぞれ異なる表情をまといながら、鍛え抜かれた文体に支えられている。そして4人のイラストレーターも、作品に合わせて画材や技法を変えながら独自の画風でそれに対峙している。本展では、文章を支える文体、絵を支える画風にも着目し、相乗効果によって現れる豊かな世界を紹介する。

img02-09

日本のイラストレーションを牽引してきた和田氏と安西氏は、村上氏と深い親交があったことでも知られている。村上氏は、ふたりの共作に文章を寄せたり、自身のアンソロジーに両氏の共作のイラストレーションを使ったりと、相互に関わりを持っていた。彼らの共作からは、東京・青山の文化的な土壌と時代の空気が色濃く垣間見られる。安西氏が亡くなる直前に村上氏が依頼し装幀を和田氏が引き継いで仕上げた作品も展示される。

作家とイラストレーターの関係に迫る貴重な展示となっている。なお、村上氏が過去に語ったインタビュー内容からは、両氏への惜しみない賛辞と敬愛の念が感じられる。ぜひ会場を訪れる前に一読していただきたい。

お二人とも、画風がいかにも都会的というか、細部の始末がいちいち洗練されている。文章にたとえれば、文体がしっかりしていて、それでいて押しつけがましいところがない。洒脱でありながら、乱れるところがない。こういうのはあるいは青山のバーで長年お酒を飲んでいるうちに培われるものなのかもしれない ― とまでは言わないけれど、とはいえ、そういう部分ってきっと少しはあるんだろうなという気がする。


村上春樹 2002年

「同じ空気を吸っているんだな、ということ」『NO IDEA』(金の星社) 2002年より

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP