logo_s

アフガニスタン国立博物館員が命がけで守った秘宝が日本初公開! 東京国立博物館で「黄金のアフガニスタン」(台東区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月12日〜2016年6月19日 台東区
アフガニスタン国立博物館員が命がけで守った秘宝が日本初公開! 東京国立博物館で「黄金のアフガニスタン」(台東区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

アフガニスタンの名宝を紹介する特別展「黄金のアフガニスタン」が、台東区上野公園の東京国立博物館で開催されている。会期は2016年6月19日(日)まで。

13244105_1548633795438769_7160036402617113007_o

「イルカに乗るキューピッド文留金具」 1世紀 金、トルコ石、真珠母貝

古くから「文明の十字路」といわてきたアフガニスタン。さまざまな地域から人々が集まり、多彩な文化が華開いたこの地の人々の営みは、悠久の歴史が刻まれた数々の遺跡や遺物が雄弁に物語る。

本展覧会では、紀元前2100年頃から紀元後3世紀頃までに古代のアフガニスタンで栄えた文化を、4つの遺跡から出土した名宝によって紹介。なかでもアフガニスタン北部のティリヤ・テペから出土した煌びやかな黄金製品の数々は日本初公開だ。

pho01

大切に守られていた秘宝が十数年ぶりに金庫から取り出された瞬間(2004年4月)。 ©Kenneth Garrett

これらの名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館に所蔵されていたが、1979年のソ連の軍事介入とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、その収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきた。しかし、国の宝を守ろうとした勇気ある博物館員により、とりわけ貴重な文化財は秘密裏に運び出されていたのだ。

12189585_1489698827998933_4383323451841549515_n

アフガニスタン北部のティリヤ・テペで発掘された金細工の数々 ©National Museum of Afghanistan/Thierry Ollivier

13248593_1549927538642728_6468320277930975658_o

「靴留金具」1世紀 金、トルコ石、カーネリアン

本展覧会は、これらの秘宝の再発見を機に、アフガニスタンの文化遺産の復興を支援するために企画された国際巡回展。世界10カ国を巡回し、これまでに170万人以上が来場している。

日本での展覧会では、この奇跡的に守られた古代アフガニスタンの至宝231件に加え、日本で「文化財難民」として保護されてきた流出文化財15件を合わせて紹介。数々のドラマをくぐり抜け今日に伝わるシルクロードの秘宝は、新たなアフガニスタンのイメージを見る者の胸に強烈に焼き付けることだろう。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP