logo_s

Noritake所蔵の古本フェア第2弾がスタート 今月から月替りの原画展も 奥渋谷SPBSで「SOME BOOKS」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月23日〜2016年6月12日 渋谷区
Noritake所蔵の古本フェア第2弾がスタート 今月から月替りの原画展も 奥渋谷SPBSで「SOME BOOKS」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神山町の書店「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」(以下SPBS)で、イラストレーター・Noritake氏の所蔵する古本を販売するフェア「SOME BOOKS」が行われている。会期は2016年6月12日(日)まで。

「SOME BOOKS」(公式サイトより)

「SOME BOOKS」(公式サイトより)

本イベントは、今年2月に開催されて好評を博した「SOME BOOKS」の第2弾。今回も、Noritake氏が倉庫に保管していた画集や写真集、ファッション誌、ワンコンセプトブック、和書の漫画や詩集などが店頭に並ぶ。

2016年冬に開催された「SOME BOOKS」の様子(公式サイトより)

2016年冬に開催された「SOME BOOKS」の様子(公式サイトより)

なお店内では、『&Premium』(5月20日売り号/マガジンハウス)から連載が再開された、岡本仁氏の「18 MILES OF BOOKS 果てしのない本の話」の挿絵原画が展示されている。SPBSでは今後、雑誌『&Premium』の発売と同時にイラスト原画1点を店内で展示・販売するという。最新号のイラストをリアルタイムで鑑賞することができる、SPBSならではの企画となっている。

「」

「18 MILES OF BOOKS 果てしのない本の話」挿絵原画展示(公式サイトより)

この連載は、以前雑誌『HUgE』(講談社)で「8 MILES OF BOOKS 果てしのない本の話」として展開されていた人気企画で、エピソードごとに本にまつわる岡本氏のエッセイと、Noritake氏の挿絵が添えられていた。これまでの連載は書籍『果てしのない本の話』(本の雑誌社)、冊子『続・果てしのない本の話』(PAPIER LABO.)として刊行されている。

夜24時まで開いているのも嬉しい、奥渋谷の書店SPBS。

夜24時まで開いているのも嬉しい、奥渋谷の書店SPBS。(公式サイトより)

原画展とあわせて、Noritake氏の世界観を味わえる貴重な展示。この機会にぜひ鑑賞してほしい。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
PAGE TOP