logo_s

有田焼26窯元の豆皿が大集合 Bunkamura Galleryで「きんしゃい有田豆皿紀行」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年6月18日〜2016年6月28日 渋谷区
有田焼26窯元の豆皿が大集合 Bunkamura Galleryで「きんしゃい有田豆皿紀行」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区道玄坂の「Bunkamura Gallery」で「きんしゃい有田豆皿紀行」が開催される。会期は2016年6月18日(土)から6月28日(火)まで。

「きんしゃい有田豆皿紀行」キービジュアル

「きんしゃい有田豆皿紀行」キービジュアル

渓山窯(公式サイトより)

渓山窯(公式サイトより)

日本で初めて焼かれた磁器として知られる有田焼は、1616年(元和2)に佐賀県有田町で誕生した。それから400年の歳月を経て、有田は有田焼とともに日本を代表する磁器産地に成長した。

畑萬陶苑(公式サイトより)

畑萬陶苑(公式サイトより)

皓洋窯(公式サイトより)

皓洋窯(公式サイトより)

高価で敷居が高いイメージを持たれがちな有田焼だが、本展では本格的かつ手頃な価格の“豆皿”にスポットを当てる。小さな皿ながら、その造りや絵付けなど、一つひとつに窯元ごとの特色やこだわりが感じられるものばかりだ。

香蘭社(公式サイトより)

香蘭社(公式サイトより)

今右衛門窯(公式サイトより)

今右衛門窯(公式サイトより)

会場には、有田に存在する約150もの窯元の中から、厳選された26の窯元の名作や人気作が揃う。常に品薄で入手が困難だった皿や、宮内庁御用達として知られる窯元の名品にも出会えるかもしれない。

柿右衛門窯(公式サイトより)

柿右衛門窯(公式サイトより)

なお会期中には、有田から職人を招いての実演や、世界にひとつだけのオリジナル豆皿が手に入る「絵付け体験イベント」も行われるという。自分用にも、誰かへのプレゼントにも、ぴったりの一品が見つかりそうな楽しいイベントだ。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP