logo_s

ライゾマティクス齋藤精一が語る“建物✕渋谷✕映画” 上映作品はナイショの「シブヤガワ映画祭2016 プレイベント」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月29日 渋谷区
ライゾマティクス齋藤精一が語る“建物✕渋谷✕映画” 上映作品はナイショの「シブヤガワ映画祭2016 プレイベント」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区神宮前で「シブヤガワ映画祭2016 プレイベント」が開催される。日程は2016年5月29日(日)。会場は「Detour a Bleuet」2階で、価格は2000円(税込み)。要事前申し込み。

「シブヤガワ映画祭」ロゴマーク

「シブヤガワ映画祭」ロゴマーク

「シブヤガワ映画祭」は、渋谷初の“市民の手で作る新しい映画祭”として、2015年3月に「NPO法人シブヤ大学」のゼミ活動の一つとして発足したもの。第1回の開催を10月に控えたこの5月に、映画上映とディスカッションによるプレイベントが開催される。

ゲストにライゾマティクスの齋藤精一氏を招き、彼が選んだ作品を1本上映。その後トークテーマを「建物✕渋谷✕映画」としたディスカッションを行う。第一部と第二部に分かれており、第一部ではトークセッションも行われるという(詳細はインフォメーションを参照)。

ライゾマティクスの齋藤精一氏。

ライゾマティクスの齋藤精一氏。

なお上映作品のタイトルは、当日会場を訪れるまで明かされない。これは「シブヤガワ映画祭」の“既存の映画鑑賞のシステムを疑い、新しい映画との接点を作り出したい”という思いによるものだ。

コロンビア大学建築学科で建築デザインを学んだバックボーンを持ち、現在はアート・コマーシャルの領域でインタラクティブな作品を制作している齋藤氏。彼は渋谷という街をどう捉えているのだろうか。その視点を通じて、建物と街を面白く感じるためのヒントを探る。

関連記事

EVENT

  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
PAGE TOP