logo_s

総勢100名以上が参加!伝説のショップ・文化屋雑貨店が蘇る 神田TETOKAで「第1回文化屋雑貨点」(千代田区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月1日〜2016年7月31日 千代田区
総勢100名以上が参加!伝説のショップ・文化屋雑貨店が蘇る 神田TETOKAで「第1回文化屋雑貨点」(千代田区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

千代田区神田司町のギャラリー&カフェスペース「神田TETOKA」にて、イベント「第1回文化屋雑貨点」が開催される。会期は2016年7月1日(金)から7月31日(日)まで。

外観1

「雑貨」という言葉と概念を日本中に広めた伝説の雑貨ショップ、文化屋雑貨店。1974年に渋谷で創業すると、若者を中心に話題が集まり、みるみるうちに人気店になった。店内にはチープでかわいい雑貨が所狭しと並んでおり、そのおもちゃ箱のような店内から自分の目でお気に入りの商品を選びとる楽しさがあった。80年代から90年代にかけて、雑誌の雑貨特集では必ずと言っていいほど同店が登場した。

長きにわたり日本の雑貨シーンをリードしてきた文化屋雑貨店だが、昨年2015年、多くのファンに惜しまれつつその約40年の歴史に幕を下ろした。それ以降もイベントでのポップアップショップという形で活動は続いている。

外観2

外観3

本展では、「アートとデザインの話は置いておいて、もしも、あなたが文化屋雑貨店のバイヤーであったなら、どんな商品を置きたいですか?」というテーマをもとに、総勢100名以上のアーティストが参加し、文化屋雑貨店を再生させる。文化屋雑貨店に関わった方々や、閉店後のポップアップショップで出会った人たち、そして「神田TETOKA」の近所の中華料理屋のおじさんまで、様々な人が参加する。参加者一覧はインフォメーションを参照してほしい。

文化屋雑貨店のこれからの動きがみれる、新しい試みとなっている。

文化屋雑貨店店主・長谷川義太郎氏の言葉より。

多くの人達が雑貨というと文化屋雑貨店を思い浮かべる時代が過ぎ今は何が雑貨なのか?荒物雑貨が原点という人も、ファッション雑貨が時代を作ったとも。インテリア、スポーツ、アート、デザインなど色んな雑貨がさわがしい。どれが最初かとか言っていたら縄文式雑貨まで戻ってしまう.ここは日本の今の雑貨シーンに限って話を進めたい。文化屋雑貨店の以前に文化を持っていた雑貨を扱っていた店は日比谷にあったアメリカンファーマシーとランチマーケット(聖林公司)だけである。かたやドラッグストアー、ランチマーケットは日本で最初の古着ファッション。この2店は文化屋雑貨店の先生である。アメリカンファーマシーのお姐さんは白衣姿に毒の様な真っ赤なマニキュアで外人のお客さんとペラペラ。千駄ヶ谷のランチマーケットに螺旋階段を上って玄関に掛けられた毛布にビビりながら手のひら位の小さな木のねずみ取り器を買ったのを覚えています。文化屋以前で今の雑貨の概念を持っていたののはこの2店だけでした。do it yourself の店もでき始めていたが文化は持っていなかった。

関連記事

EVENT

  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日
  • “颯爽と都会を生きる女性たち”をテーマにファッショ...
    2018年9月21日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーが手掛けるシリーズ...
    2018年9月5日
  • 北海道上川町でのワーク&ライフスタイルを紹介するイ...
    2018年8月30日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    北九州のストリートから生まれる唯一無二のアートピース 新作スケートボー...
PAGE TOP