logo_s

現代美術家・大竹伸朗自身が制作したコンテイナーを展示販売 NADiff Galleryで個展「SO X TN: #1」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月15日〜2016年6月26日 渋谷区
現代美術家・大竹伸朗自身が制作したコンテイナーを展示販売 NADiff Galleryで個展「SO X TN: #1」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

渋谷区恵比寿にあるギャラリー「NADiff Gallery」で、現代美術家・大竹伸朗氏の個展「SO X TN: #1」が行われる。会期は2016年5月15日(日) から6月26日(日)まで。

『SO X TN: #1』。© Shinro Otake

『SO X TN: #1』。© Shinro Otake

展示タイトルの『SO X TN』とは、東麻布にある現代美術画廊「Take Ninagawa」が企画開催した大竹氏の個展カタログの総称。カタログは展覧会ごとに制作されており、ほぼ全ての個展プロジェクトが収録されている(2008年の展覧会三部シリーズ「貼、貼貼、貼貼貼」を除く)。これまで配本されたカタログはNADiffのオンラインショップでも販売中だ。5月には新たな2タイトル「時憶」と「網膜」が加わり、計6タイトルのカタログがラインナップされる。

「SO X TN(初回配本4種セット)」

「SO X TN(初回配本4種セット)」9,288円(税別)

これらのカタログをおさめるコンテイナーの役割を果たすのが、この度発売される『SO X TN: #1』だ。A4サイズの2穴リングファイルで、1点ごと大竹氏によって制作される。そのため、絵画として、彫刻として、単体でひとつの作品として成立する。制作数は限定250部で、価格は35000円(税別)。本展ではその豊富なバリエーションの中から、約100点を展示販売する。

また、同時に港区東麻布のTake Ninagawaでも個展「時憶」が開催されている。こちらの会期は2016年5月14日(土)から6月30日(木)まで。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    太宰治の暮らした「碧雲荘」 杉並区から大分県由布市へ移築が決定
  • no.4
    祭りが生まれる時:下町のレイヴ、錦糸町河内音頭大盆踊りが鳴らすビート
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP