logo_s

水木しげるロードと同じブロンズ像も登場! 池袋サンシャインシティで「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」(豊島区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月26日〜2016年8月29日 豊島区
水木しげるロードと同じブロンズ像も登場! 池袋サンシャインシティで「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」(豊島区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

豊島区東池袋のサンシャインシティワールドインポートマートビル4階で、「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」が開催される。日程は2016年7月26日(火)から8月29日(月)まで。

あああ

「GeGeGe水木しげるの大妖界」展示の中の「妖怪屋敷」セクションにある巨大ウォール。(公式サイトより)

昨年2015年11月に惜しまれつつこの世を去った、漫画家水木しげる氏。日本漫画界の巨匠であり、妖怪研究家の第一人者としても知られる氏の作品は妖怪の表情を活き活きと描き、今も多くの人々を魅了してやまない。

本展は2012年に台湾、2013年に大阪で開催され、合計約58万人もの来場者を記録した人気イベント。会場内は工夫をこらしたセクションに分かれており、まずは水木しげる先生のプロフィールと、その偉業を紹介した「水木しげる大百科」そして『ゲゲゲの鬼太郎』の「鬼太郎大百科」からスタート。そして鳥取県境港市の水木しげるロードと同じブロンズ像を用いて妖怪を紹介する「日本の妖怪たち」や、歩きながら妖怪の気配を体験できる「妖怪屋敷」と「妖怪の森」、そして冥界からの死者が立ち並ぶ「水木しげるの冥界ワールドツアー」など、妖怪ワールドを存分に体験できる仕掛けが満載だ。

「妖怪小路」に佇むブロンズ像。(公式サイトより)

「妖怪小路」に佇むブロンズ像。(公式サイトより)

(公式サイトより)

巨大な妖怪の顔が壁に描かれた「妖怪大面相」。 (公式サイトより)

インタラクティブな空間を堪能したあとは、「妖怪ひろば」で妖怪たちと楽しく触れ合うことも。オリジナルグッズや限定グッズもたくさん用意されているという。

© 水木プロダクション (公式Twitterより)

© 水木プロダクション (公式Twitterより)

前売りチケットは5月20日(金)から販売開始。ローソンチケットでは「会場限定カラー 目玉おやじヘアクリップ付き前売券」を販売するという。頭に目玉のおやじを乗せて会場を歩きたい人はぜひこちらを。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP