logo_s

ブラジル出身アーティスト・大岩オスカールのすべてがここに 代官山アートフロントギャラリー「世界は光に満ちている」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月28日〜2016年5月22日 渋谷区
ブラジル出身アーティスト・大岩オスカールのすべてがここに 代官山アートフロントギャラリー「世界は光に満ちている」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

現代美術家、大岩オスカールの個展「世界は光に満ちている」が、渋谷区代官山のアートフロントギャラリーにて開催されている。会期は2016年4月28日(木)から5月22日(日)まで。

ChC8Z1gUkAAT3Q1

Giant Octopus 2 2016年 / 金箔、キャンバスに油彩

ブラジル・サンパウロ出身の現代美術家、大岩オスカール。ヴェールの向こう側の世界に吸い込まれるような感覚を観る者に与える氏の作品は、都市の片隅で日常的に起こっている残虐なシーンにも目を背けず、あえてユーモアを交えて淡々とメッセージを発信している。

2013年には芸術祭の一環として瀬戸内海伊吹島の体育館に、半径6mに及ぶドームを設置し、その壁面を瀬戸内の風景で埋め尽くした(今春、小豆島土庄エリアに移築)。翌年、群馬県立舘林美術館にて日系ブラジル人画家とともに作品を展示し、第二次大戦前後にブラジルに渡った画家たちとの親交や影響について語った。その後ニューヨークや韓国でもゴーストシップなど舟を真ん中に据えた作品を発表し、世界各地を拠点にした活動を続けている。

ogi house 7-thumb-4392x4038

Ogi House 7 2016年 キャンバスに油彩

瀬戸内ドーム

大岩島 2 (瀬戸内芸術祭 出品作品) エアドームにドローイング

本展では、瀬戸内の海、隅田川、サンパウロ市内を流れるピニェイロ河を描いた作品を一同に展観。さらに最新の作品集も刊行される。2008年以後の作品が網羅され、エッセイとともに大岩オスカールのすべてを概観できる内容となっている。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP