logo_s

もしもの時ペットを守るには 三軒茶屋・生活工房で「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」(世田谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月23日〜2016年5月22日 世田谷区
もしもの時ペットを守るには 三軒茶屋・生活工房で「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」(世田谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

世田谷区太子堂のキャロットタワー内にある世田谷文化生活情報センター生活工房で、「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」が開催されている。会期は2016年5月22日(日)まで。

「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」キービジュアル

「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」キービジュアル

私たちはもしもの時、ペットを守ることができるのか。行政では、ペットとともに避難場所に逃げる「同行避難」を推奨しているという。しかし、飼い主にとっては多くの疑問が浮かぶ。犬や猫を一緒に避難所に連れていってもいいのだろうか。避難所では別々になってしまうのだろうか。備蓄やケージはあるのだろうか。動物を嫌がる人への配慮はーー。

本展は、そうした場面に遭遇した際、ペットと飼い主とまわりの人々との間でどんな問題が起こるのかをリアルに想定し、災害時のシミュレーションをイラストで展開。普段からどんなことができるかを来場者とともに考える。

LEONIMAL リュック型ペットキャリー GRAMP 使用例(公式サイトより)

LEONIMAL リュック型ペットキャリー GRAMP 使用例(公式サイトより)

参加クリエイターには、imaの小林恭氏とマナ氏、dessenceの山本和豊氏、長谷川晃一氏、29designの江口理架氏、tankの福元成武氏、KIGIの植原亮輔氏と渡邉良重氏が名を挙げており、それぞれペットと防災をテーマにしたグッズの提案をおこなう。また、自治体・地域の取り組みなども紹介する。

関連イベントとして、5月7日(土)14時からはペットと防災についてさまざまな実践とともに研究を続けているNPO法人ANICEの平井潤子氏を招き、参加クリエイターとともにトークイベントを開催する。また、5月21日(土)14時からは講師にKIGIのふたりを迎え、迷子ペットポスターを制作するワークショップも開催。こちらは事前申し込みの上抽選となる。

ペットと暮らしている人も、そうでない人も、防災についてともに考える展覧会となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP