logo_s

森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺の名演が光る人気シリーズ一挙公開 ラピュタ阿佐ヶ谷で『喜劇 駅前大集合!』(杉並区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年5月1日〜2016年6月25日 杉並区
森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺の名演が光る人気シリーズ一挙公開 ラピュタ阿佐ヶ谷で『喜劇 駅前大集合!』(杉並区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

杉並区阿佐谷北にある映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」で、映画『喜劇 駅前』シリーズを一挙上映する特集上映『喜劇 駅前大集合!』が行われている。上映期間は2016年6月25日(土)まで。連日10時30分から1作品を上映する。

『喜劇 駅前温泉』(c)TOHO CO.,LTD.

『喜劇 駅前温泉』(c)TOHO CO.,LTD.

『喜劇 駅前』シリーズは、1958年から1969年までに24篇が制作された東宝映画。森繁久弥が主演する『社長』シリーズ、クレージーキャッツの面々が登場する『クレージー』シリーズと並び、森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺の3人が主演を勤めた人気作品だ。

『喜劇 駅前温泉』(c)TOHO CO.,LTD.

『喜劇 駅前大集合!』キービジュアル

下町や地方を舞台に庶民的なドラマが繰り広げられるため、ご当地映画の意味合いも強かった『喜劇 駅前』シリーズ。『喜劇 駅前温泉』では熱海、『喜劇 駅前満貫』では恵比寿など、フィルムから昭和の面影を感じるのも面白い。

〈上映作品〉

『喜劇 駅前温泉』(1962年/監督:久松静児)
『喜劇 駅前飯店』(1962年/監督:久松静児)
『喜劇 駅前茶釜』(1963年/監督:久松静児)
『喜劇 駅前天神』(1964年/監督:佐伯幸三)
『喜劇 駅前金融』(1965年/監督:佐伯幸三)
『喜劇 駅前漫画』(1966年/監督:佐伯幸三)
『喜劇 駅前満貫』(1967年/監督:佐伯幸三)
『喜劇 駅前探検』(1967年/監督:井上和男)

主演トリオの絶妙な掛け合いはもちろん、淡島千景、淡路恵子、三木のり平、山茶花究ら 芸達者なバイプレーヤーとの共演も爆笑必至。人気歌手やスポーツ選手などのゲスト出演にも注目したい。

『喜劇 駅前温泉』(c)TOHO CO.,LTD.

『喜劇 駅前温泉』(c)TOHO CO.,LTD.

福島・磐梯熱海の駅前 温泉街が巨大ホテル参入に対抗し、悪戦苦闘する『駅前温泉』では、歌ゲストに五月みどりが出演。『金色夜叉』を 下敷きに“色と欲”をテーマとして描かれた異色作『駅前金融』では松尾和子、和田弘とマヒナスターズの面々が 主題歌『駅前小唄』を歌う。また『駅前飯店』には読売巨人軍の王貞治選手が、『駅前茶釜』にはジャイアント馬場が特別出演していたりと、1960年代初頭の空気感がいきいきとスクリーンに蘇る。 『駅前漫画』では、藤子不二雄の『オバケのQ太郎』や、赤塚不二夫の『おそ松くん』など、当時の人気漫画とのコラボレーションも楽しめる。アニメパートのカットインは今見ても新鮮だ。

なお、『駅前探検』では大ヒットドラマ『事件記者』のキャストが特別出演するというファン サービスも。現在ラピュタ阿佐ヶ谷ではレイトショーとして『事件記者』シリーズを連続上映しているため、あわせて鑑賞してみたい。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP