logo_s

写真ならではの「加工された世界」の奥深さ America-Bashi Galleryで徳田竜司個展「つくりもの」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月27日〜2016年5月9日 渋谷区
写真ならではの「加工された世界」の奥深さ America-Bashi Galleryで徳田竜司個展「つくりもの」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

数多くの広告写真を手掛ける写真家・徳田竜司氏の個展「つくりもの」が、渋谷区恵比寿南のAmerica-Bashi Galleryにて開催される。会期は2016年4月27日(水)から5月9日(月)まで。

写真の特徴の一つに、見たままの世界を「記録する」ということがある。しかし、写真に写っている世界は決して現実のものとは限らないのも事実。デジタルが普及した現代では、写真の中をいとも簡単に曲げることも・消すこともあるいは増やすこともできるようになった。

徳田氏は、そんな「現実を加工することができる」という新たな写真の特徴を逆手に取った作品を多数製作している。普通、一枚の写真を撮るのに一秒もかからない。しかし徳田氏はそんな写真を1日2日、あるいは1ヶ月かけてつくったという。本展は、写真だからこそ表現できる、写真でしか表現できない「つくりもの」の世界を紹介するものだ。

関連記事

EVENT

  • 12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRa...
    2017年11月20日
  • Kickstarterのメディアサイトが日本版スペ...
    2017年11月19日
  • JJJ、P-Hz、CHANG YUU、Arµ-2が...
    2017年11月17日
  • 墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で ...
    2017年11月17日
  • 上野萬屋酒舗で酒屋DJイベント「角打ちON THE...
    2017年11月16日

RANKING

  • no.1
    12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新...
  • no.2
    Kickstarterのメディアサイトが日本版スペシャルブックレットを...
  • no.3
    墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で 「墨東日記 滞在報告...
  • no.4
    京島spiidで総勢30組以上のアーティストによるブックマーケット 開...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
PAGE TOP