logo_s

写真ならではの「加工された世界」の奥深さ America-Bashi Galleryで徳田竜司個展「つくりもの」(渋谷区)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月27日〜2016年5月9日 渋谷区
写真ならではの「加工された世界」の奥深さ America-Bashi Galleryで徳田竜司個展「つくりもの」(渋谷区)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

数多くの広告写真を手掛ける写真家・徳田竜司氏の個展「つくりもの」が、渋谷区恵比寿南のAmerica-Bashi Galleryにて開催される。会期は2016年4月27日(水)から5月9日(月)まで。

写真の特徴の一つに、見たままの世界を「記録する」ということがある。しかし、写真に写っている世界は決して現実のものとは限らないのも事実。デジタルが普及した現代では、写真の中をいとも簡単に曲げることも・消すこともあるいは増やすこともできるようになった。

徳田氏は、そんな「現実を加工することができる」という新たな写真の特徴を逆手に取った作品を多数製作している。普通、一枚の写真を撮るのに一秒もかからない。しかし徳田氏はそんな写真を1日2日、あるいは1ヶ月かけてつくったという。本展は、写真だからこそ表現できる、写真でしか表現できない「つくりもの」の世界を紹介するものだ。

関連記事

EVENT

  • WOMAN、双子、ドッペルゲンガー、分身など、“W...
    2018年1月12日
  • 写真家・鈴木理策のシリーズ「水鏡」をオリジナルプリ...
    2018年1月9日
  • ブリンク外苑前で〈新吉原〉のポップアップイベント「...
    2018年1月5日
  • ペインターnorahiが古着に描く伝説のアーティス...
    2017年12月27日
  • “日常に台湾を”がテーマのカフェ&ギャラ...
    2017年12月27日

RANKING

  • no.1
    「一陽来復」に集まる人々 金運を招くという早稲田の穴八幡宮を訪ねる
  • no.2
    2018年の恵方は「南微東」! 大行列の西早稲田・穴八幡宮で「一陽来復...
  • no.3
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.4
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.5
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
PAGE TOP