logo_s

不世出の日本画家・伊藤若冲の生誕300周年記念展 台東区の東京都美術館で「若冲展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月22日〜2016年5月24日 台東区
不世出の日本画家・伊藤若冲の生誕300周年記念展 台東区の東京都美術館で「若冲展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

日本画家・伊藤若冲の生誕300年を記念した展示会「若冲展」が、東京都美術館で開催される。会期は2016年4月22日(金)から5月24日(火)まで。

スクリーンショット 2016-04-14 22.13.50

《動植綵絵 群鶏図》 絹本着色 一幅 宮内庁三の丸尚蔵館

18世紀の京都で活躍した画家・伊藤若冲(1716-1800)は、繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛けるなど、85歳で没するまで精力的に制作を続けた。 本展は、若冲の生誕300年を記念して初期から晩年までの代表作約80点を紹介するものだ。

スクリーンショット 2016-04-14 23.21.33

《釈迦三尊像 普賢菩薩像》三幅 京都・相国寺

 

若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が東京で一堂に会すのは初めてのこと。近年多くの人に愛され、日本美術の中でもきら星のごとく輝きを増す若冲の生涯と画業に迫る展示会となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP