logo_s

大正から昭和、激動の時代を画家はどう描いたか 板橋区美術館で「館蔵品展 絵画・時代の窓 1920s〜1950s」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月9日〜2016年6月19日 板橋区
大正から昭和、激動の時代を画家はどう描いたか 板橋区美術館で「館蔵品展 絵画・時代の窓 1920s〜1950s」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

板橋区赤塚にある「板橋区美術館」で、大正から昭和、戦前・戦中・戦後の日本の社会と向き合った画家とその作品を紹介する「館蔵品展 絵画・時代の窓 1920s〜1950s」が開催されている。会期は6月19日(日)まで。

「館蔵品展 絵画・時代の窓 1920s〜1950s」キービジュアル

「館蔵品展 絵画・時代の窓 1920s〜1950s」キービジュアル

1920年代から1950年代に至るおよそ30年余りの間に、日本は大正から昭和へと大きく変化を遂げた。こうした時代の変化に呼応するように、絵画の世界でも時代の空気を反映した作品がいくつか存在する。本展では、それぞれの時代の作品を通じて、画家たちの眼がとらえた激動の時代を写し見る。キービジュアルとなっているのは、怪獣造形師の高山良策による「矛盾の橋」(1954年、板橋区立美術館蔵)だ。

大正時代には未来派のようなヨーロッパの新しい芸術の流れに影響を受けた作品が描かれたあと、プロレタリア運動と結びついたメッセージ性の高い作品が発表された。また、1931年の満洲事変に始まった戦争の時代には、ヨーロッパのシュルレアリスムに影響を受けた絵画も誕生し、それらの中には画家たちが受け止めた時代の不穏な空気が感じられる。

河辺昌久「メカニズム」1924年、板橋区立美術館

河辺昌久「メカニズム」1924年、板橋区立美術館

伊藤久三郎「Toleration」1938年、板橋区立美術館

伊藤久三郎「Toleration」1938年、板橋区立美術館

1940年代、太平洋戦争開戦の頃には「戦争画」と同様に炭坑などで労働に勤しむ「銃後」の人々の姿を描いた作品が登場。そして戦後になると、自由な展覧会活動が再開された。戦中に失われていた身体を取り戻すかのように、人体をモチーフにした作品が生まれるようになる。また、当時の社会の関心事であった労働争議や安保闘争、基地問題など同時代の事件に基づいた作品も描かれるようになった。

竹中三郎「働らく女達(市場へ)」1943年、板橋区立美術館、新収蔵品

竹中三郎「働らく女達(市場へ)」1943年、板橋区立美術館、新収蔵品

早瀬龍江「自嘲」1951年、板橋区立美術館

早瀬龍江「自嘲」1951年、板橋区立美術館

絵画の中に時代の空気を覗く貴重な展覧会。描かれた年代と史実を照らしながら見ると、よりその背景が浮き上がってくるに違いない。

関連記事

EVENT

  • 12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRa...
    2017年11月20日
  • Kickstarterのメディアサイトが日本版スペ...
    2017年11月19日
  • JJJ、P-Hz、CHANG YUU、Arµ-2が...
    2017年11月17日
  • 墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で ...
    2017年11月17日
  • 上野萬屋酒舗で酒屋DJイベント「角打ちON THE...
    2017年11月16日

RANKING

  • no.1
    12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新...
  • no.2
    Kickstarterのメディアサイトが日本版スペシャルブックレットを...
  • no.3
    墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で 「墨東日記 滞在報告...
  • no.4
    京島spiidで総勢30組以上のアーティストによるブックマーケット 開...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
PAGE TOP