logo_s

「戦時下、立教の日々―変わりゆく『自由の学府』の中で」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
豊島区
「戦時下、立教の日々―変わりゆく『自由の学府』の中で」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日(火)より立教学院展示館にて、企画展「戦時下、立教の日々―変わりゆく『自由の学府』の中で」が開催される。昨年5月に同館がオープンしてから初めての企画展となる。

rikyo

戦争は、豊島区周辺の地域の人々や立教生の生活や人生をどのように変えたのか。本企画展では、戦時下の学園生活や地域の様子などを、オリジナル史料やグラフィック、当時の映像などを駆使して描き出す。

各展示では、立教学院が所蔵する記録のほか、校友や関係者から近年寄贈された資料、知覧特攻平和会館やアメリカ国立公文書館所蔵の写真などさまざまな資料を、解説文を添えて紹介。通常は礼拝堂(チャペル)内部に掲げられている立教関係戦没者のタブレットも特別展示する。

さらに、戦争末期の池袋空襲にまつわる文書や、立教大学近隣に住んでいた推理作家・江戸川乱歩が残した資料も公開。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらしんたろう」 を拡張す...
  • no.4
    シモキタの書店が挑み続ける“これからの街の本屋”のカタチとは リニュー...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP