logo_s

萩尾望都のSF作品200点超が一堂に集結 武蔵野市立吉祥寺美術館で「萩尾望都SF原画展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月9日〜2016年5月29日 その他
萩尾望都のSF作品200点超が一堂に集結 武蔵野市立吉祥寺美術館で「萩尾望都SF原画展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

少女漫画家・萩尾望都氏のSF作品を中心に原画を展示する「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が、吉祥寺の武蔵野市立吉祥寺美術館にて開催される。会期は2016年4月9日(土)から5月29日(日)まで。

11人いる.tif

『11人いる!』©萩尾望都/小学館

1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都。竹宮惠子や大島弓子など同時期に人気を集めた漫画家らとともに「花の24年組」と呼ばれ、1970年代の少女漫画黄金期を築いた大御所のひとりだ。

1975年に発表された『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与えた。以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了し続けている。

G_01 2.tif

『百億の昼と千億の夜』©萩尾望都/秋田書店

hagio-moto02-8f231

『モザイク・ラセン』©萩尾望都/秋田書店

本展では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、200点を超えるSF原画が大集合。惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都が描いた星々がきらめく、夢の展示空間が実現する。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.2
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.5
    脅威のセルフプロデュースJKユニットが東京のアイドルシーンを更新する:...
PAGE TOP