logo_s

便器に座って眺めてみる 新井薬師スタジオ35分で渡辺大祐写真展「toilet paper」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月23日〜2016年4月9日 中野区
便器に座って眺めてみる 新井薬師スタジオ35分で渡辺大祐写真展「toilet paper」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

中野区上高田にあるギャラリー「スタジオ35分」で、写真家・渡辺大祐の写真展「toilet paper」が開催されている。会期は2016年3月23日(水)から4月9日(土)まで。

あああ

本展は、タイトルにもなっている“トイレットペーパー”をテーマに展開される。渡辺氏の「トイレは人々の排便をリレーする空間であり、トイレットペーパーは前使用者から次の使用者につないでいくバトンのようである」という考えにもとづき、会場には便器を設置。実際に座りながら写真を眺めることができるという、これまでにない展示の形を実現している。

あああ

35_03

展示されるのは、2002年から2004年、そして2012年から現在まで、それぞれ撮りためた写真約1000点の作品。様々な時間、場所で撮影されたトイレットペーパーには、空間の情報のみならず、そこに流れる時間や痕跡から使用した人物像が浮かび上がる。

30_02

1日1回は手に触れている日用品、トイレットペーパー。日常に埋もれているモノを別角度から眺めてみると、どんな景色が見えるのだろうか。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP