logo_s

中田英寿が誘う、知られざる伝統工芸の奥深き世界 パナソニック汐留ミュージアムで「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年4月9日〜2016年6月5日
中田英寿が誘う、知られざる伝統工芸の奥深き世界 パナソニック汐留ミュージアムで「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

元サッカー日本代表の中田英寿氏が手がける展示会「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」が、港区新橋のパナソニック汐留ミュージアムにて開催される。会期は2016年4月9日(土)から6月5日(日)まで。

12719581_1025626440842355_1780195429216075551_o

Life size polar bear in papier mache 橋本彰一、片山正通、NIGO 2011年 一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION蔵 ©Junichi Takahashi

「REVALUE NIPPON PROJECT」とは、中田英寿氏が現役引退後続けている活動のひとつ。日本が連綿と受け継いできた伝統的な工芸、文化や技術の価値や可能性を再発見し、その魅力をより多くの人に知ってもらう「きっかけ」を創出することで、日本文化の継承・発展を促すことを目的としている。

このプロジェクトでは、毎年「陶磁器」「和紙」「竹」「型紙」「漆」といった、ひとつの素材をテーマに選び、批評家などの専門家を中心としたアドバイザリーボードが、工芸家およびアーティストなどのコラボレーターを選定し、各チームが自由な発想で作品を制作する。これらの制作を通じて工芸の魅力を広く伝えるために、中田氏自らも広報活動を行なっている。

ex_3

洛竹庵(茶室) 大塚祐司、堀口豊太、小山格平、塚田章、 山中晴夫、建畠晢 2013年 イヴ・ブゴン蔵 ©Junichi Takahashi

ex_5

花のトアーダ 奥窪聖美、秋岡欧、白石和己 2015年 個人蔵 ©Takaya Sakano

日本の工芸作品は私たちには身近すぎて、その価値や魅力について再考することが難しいかもしれない。産業分野のものづくりにも、工芸家やその作品の認知度は決して高いとは言えず、後継者不足で悩む作り手が多く存在している現状がある。

本展では、日本工芸の魅力を再発見し、「ものづくりの心」を後世に伝えるべく、中田氏のプロジェクトで生まれた作品を展示する。この取り組みに新たな刺激を受けた工芸家たちの技術力の高さと、その作品の美しさを改めて発見できることだろう。

関連記事

EVENT

  • 12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRa...
    2017年11月20日
  • Kickstarterのメディアサイトが日本版スペ...
    2017年11月19日
  • JJJ、P-Hz、CHANG YUU、Arµ-2が...
    2017年11月17日
  • 墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で ...
    2017年11月17日
  • 上野萬屋酒舗で酒屋DJイベント「角打ちON THE...
    2017年11月16日

RANKING

  • no.1
    12ラウンド12テーマで交錯するVectorとRasterの世界線 新...
  • no.2
    Kickstarterのメディアサイトが日本版スペシャルブックレットを...
  • no.3
    墨田区に9日間暮らして見えたものとは 墨田長屋で 「墨東日記 滞在報告...
  • no.4
    京島spiidで総勢30組以上のアーティストによるブックマーケット 開...
  • no.5
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
PAGE TOP