logo_s

“Kawaii”の源流は100年前の竹久夢二にあり? 文京区弥生の竹久夢二美術館にて「大正時代の『かわいい』展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月31日〜1999年11月30日 文京区
“Kawaii”の源流は100年前の竹久夢二にあり? 文京区弥生の竹久夢二美術館にて「大正時代の『かわいい』展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

大正時代の画家・竹久夢二の「かわいい」作品を集めた作品展「大正時代の『かわいい』展」が、文京区弥生の竹久夢二美術館で開催される。会期は2016年3月31日(木)から6月26日(日)まで。

白

独占ひ(大正15年) Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.

日本のキャラクター商品等に共通する愛おしさや可愛らしさを表す“Kawaii(かわいい)”という言葉は、近年海外でも広く注目され、いまや世界的な共通語となった。そんな現代的な表現に感じられる“かわいい”だが、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884-1934)は、当時すでに自身がデザインした小物を“かあいい”という言葉を用いて紹介し、暮らしや装いに彩りを添える仕事に才能を発揮していた。

-e1450857985495

千代紙「蔓草」(大正期) Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.

-e1450858028118

セノオ楽譜「心と花」(大正15年) Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.

夢二はまた、大きな眼と華奢で丸みを帯びた姿形を描き表した可憐な少女像の「抒情画」を確立し、日本近代の女性が憧れる“かわいい”世界を、時代に先駆けて表現した。さらに、おしゃれなデザイン画や素朴で微笑ましいカット絵、加えて愛らしい子供絵も手掛け、現代にも通じる“かわいい”を数多く残した。

本展は、今から約100年前に夢二が発信した“かわいい”を集めて広く展示紹介するとともに、大正時代を中心に夢二が展開した“かわいい”の役割についても考察していくもの。大正ロマンと現代的な“かわいい”の意外な共通点を知るいい機会となりそうだ。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP