logo_s

松本大洋、荒木飛呂彦、谷ロジ口ーらがルーヴル美術館の魅力を描く 六本木・森アーツセンターギャラリーで「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年7月22日〜2016年9月25日 港区
松本大洋、荒木飛呂彦、谷ロジ口ーらがルーヴル美術館の魅力を描く 六本木・森アーツセンターギャラリーで「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

この夏、さまざまな国の漫画家たちによるルーヴル美術館をテーマにした特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が、六本木の森アーツセンターギャラリーにて開催される。会期は2016年7月22日(金)から9月25日(日)まで。

main_img

松本大洋『ルーヴルの猫』/ ビッグコミックオリジナル

漫画という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるために企画された「ルーヴル美術館BDプロジェクト」。日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家たちがルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描く本企画により、これまでに11もの漫画作品が出版されている。

main_img-1

『氷河期』ニコラ・ド・クレシー © Futuropolis / Musée du Louvre éditions, 2005

フランス語圏には古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化があり、大衆的な作品がある一方で、絵画のような複雑 で技巧に富んだ作品も多く、子供から大人まで楽しめる側面を持つ。近年、そうした漫画はフランスで建築や彫刻、絵画などに続く「第9の芸術」とみなされ、評論や研究の一大テーマとなっている。この流れを受け、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館がついに漫画にその扉を開き、本プロジェクトが発足する運びとなった。

main_img-2

『岸辺露伴ルーヴルへ行く』荒木飛呂彦 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社

プロジェクトはさらなる進展を遂げ、フランスと同様に独自の漫画文化を発展させてきた日本で、展覧会が開催されることとなった。エキサイティングな演出とともに数百点に及ぶ原画や資料を一挙公開。さらに、本展のために有名日本人漫画家たちが新たな作品を描き下ろす。ルーヴルと漫画家たちの華麗なるコラボレーションを、ぜひ会場で目撃したい。

関連記事

EVENT

  • テクノロジーがもたらすユートピアとディストピア ロ...
    2017年9月15日
  • 1_WALL審査委員と“表現”について考察する夜 ...
    2017年9月11日
  • 歴史的な新聞記事に“一言”を重ねる村上周のアートワ...
    2017年9月8日
  • 新井薬師前スタジオ35分で夏の終わりの本の祭り イ...
    2017年9月7日
  • 1965年、電通時代のアラーキーが撮ったキャビネ版...
    2017年9月6日

RANKING

  • no.1
    話題の赤羽に「茶」をテーマにしたホテル「ICHINICHI」&バー「3...
  • no.2
    猫社員は今日も働く 新宿三丁目「カフェ アルル」が猫を雇う理由(新宿区...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    ヤカンを目指して西荻を巡る 西荻窪界隈の101店舗が参加する「西荻茶散...
  • no.5
    名前のない街・西浅草から東京土産を 「岡野弥生商店」は路地に佇む:〈新...
PAGE TOP