logo_s

“一枚の布”に貫かれた45年の軌跡 六本木・国立新美術館で「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月16日〜2016年6月13日 港区
“一枚の布”に貫かれた45年の軌跡 六本木・国立新美術館で「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

港区六本木にある国立新美術館で、デザイナー・三宅一生氏の展覧会「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」が開催されている。会期は2016年6月13日(月)まで。

「葉っぱプリーツ Spring/Summer 1990」(ISSEY MIYAKE/1989年)

「葉っぱプリーツ Spring/Summer 1990」(ISSEY MIYAKE/1989年)

「タトゥ Spring/Summer 1971」(ISSEY MIYAKE/1970年)

「タトゥ Spring/Summer 1971」(ISSEY MIYAKE/1970年)

1970年に事務所を設立し、翌年1971年に自身のブランド〈ISSEY MIYAKE〉を立ち上げた三宅氏。その服づくりは「一枚の布」という考えにもとづき、素材づくりから独自に開発をおこなう。こうした既成の枠にとらわれない自由な発想とともに、身体と布の間に生まれる「ゆとり」や「間(ま)」を追求している。

本展は吉岡徳仁氏の会場構成によって、Section AからSection Cに分けて三宅氏の約45年間の軌跡を紹介する。初期から最新プロジェクトまでの全仕事を通して、ものづくりに対する三宅氏の考え方やデザインアプローチを明らかにし、未来に向けた更なる創作の可能性を探る。インスタレーション、映像、ライブラリーなど、これまでにない規模の展覧会だ。

期間中は音声ガイドアプリを500円(税込み)で発売する。ピーター・バラカン氏のナビゲートを聴きながら、展示内容をより深く理解することができる。

MIYAKE ISSEY展 音声ガイドアプリ

「MIYAKE ISSEY展 音声ガイドアプリ」500円(税込)。日本語と英語のふたつの言語が選べる。

また、佐藤卓氏や深澤直人氏が登壇するトークイベントや、ワークショップも多数開催される。詳しくはインフォメーションを参照してほしい。

一着の服が出来上がるまでに、どのようなリサーチと実験が積み重ねられているのか。展示を眺めながら、進化を続ける三宅氏の服づくりの根幹に触れることができる貴重な機会となっている。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    「東京防災」140円で一般販売決定! 11/16(月)より都庁および紀...
  • no.5
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
PAGE TOP