logo_s

キャンバスの枠組みを超越する 葛飾区HHH galleryで山口歴個展「UNKNOWN SCORCHER」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月21日〜2016年4月17日 葛飾区
キャンバスの枠組みを超越する 葛飾区HHH galleryで山口歴個展「UNKNOWN SCORCHER」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

葛飾区小菅のアーティストギャラリー「HHH gallery」で、NYを拠点に活動する画家・山口歴氏の個展「UNKNOWN SCORCHER」が行われている。会期は2016年4月17日(日)まで。

 「INFINITY NET」(36x72 inch,Acrylic,epoxy resin,spray paint and wood on canvas,2015)

「INFINITY NET」(36×72 inch,Acrylic,epoxy resin,spray paint and wood on canvas,2015)

ニューヨーク・ブルックリンで活動を行う山口氏。彼は独自に確立したブラシストロークを得意とし、キャンバスにコラージュ作品を描く。これまでにACE HOTEL NY、Kinfolk 94、+81 gallery NYなどで展示を行ってきた。東京ではHidari Zingerでの作品展示があるが、個展は今回が日本初となる。

 「OUT OF BOUNDS No.2」(48x36 inch,Acrylic,spray paint and epoxy resin on ply wood,2016)

「OUT OF BOUNDS No.2」(48×36 inch,Acrylic,spray paint and epoxy resin on ply wood,2016)

 「Whenever you are」(70x80 inch,Acrylic and epoxy resin on wood panel,2013)

「Whenever you are」(70×80 inch,Acrylic and epoxy resin on wood panel,2013)

 「Untitled」 – For the mural of CHARI&CO NYC. Located in 15th st and 1st ave, NY.(Acrylic on paper.2013)

「Untitled」 – For the mural of CHARI&CO NYC. Located in 15th st and 1st ave, NY.(Acrylic on paper.2013)

本展では、よりストロークに焦点を当て、キャンバスという既成の枠組みを超えて進化させた”OUT OF BOUND”シリーズの最新作を発表する。また、これまでの作品を振り返った初のジンも発売するという。

Meguru Yamaguchi & Chrissy Angliker from Ryosuke Tanzawa on Vimeo.

「HHH gallery」のオープンは土日祝のみ。ギャラリーが集中する都心エリアと異なり、東京本来の姿が見られるイーストサイドで、休日のアートを楽しみたい。

山口歴氏近影。

山口歴氏近影。

「UNKNOWN SCORCHER」キービジュアル

「UNKNOWN SCORCHER」キービジュアル

関連記事

EVENT

  • 中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズ...
    2017年12月14日
  • 総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”...
    2017年12月13日
  • “あの鍬(くわ)には開拓の歴史が詰まっている” 北...
    2017年12月12日
  • マイアミアートフェアでも高評価のジューシーなデジタ...
    2017年12月11日
  • フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃ...
    2017年12月11日

RANKING

  • no.1
    フジヤマ、妄想インドカレーネグラ、東京おかっぱちゃんハウス、engag...
  • no.2
    総勢約35組のアーティストが考える“HENTAI”とは 原宿&新宿のト...
  • no.3
    中東の世界観を味わう3日間 トルコやレバノン、ウズベキスタンなどのアク...
  • no.4
    歌舞伎町の中心にホストのいる書店が誕生!“LOVE”をテーマに蔵書10...
  • no.5
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
PAGE TOP