logo_s

『男はつらいよ』を2本立て特別上映 品川区キネカ大森で『家族はつらいよ』公開記念「寅次郎名画座慕情」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月12日〜2016年3月18日 大田区
『男はつらいよ』を2本立て特別上映 品川区キネカ大森で『家族はつらいよ』公開記念「寅次郎名画座慕情」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

品川区南大井にある映画館「キネカ大森」で、映画『男はつらいよ』シリーズから2作品を上映する「寅次郎名画座慕情」が開催される。期間は2016年3月12日(土)から3月18日(金)まで。

あああ

左『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年/松竹)、右『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(1989年/松竹)「男はつらいよ公式サイト」より

「キネカ大森」ではかねてより、過去の映画作品を2本立てで上映する「名画座」を行っている。今回の名画座では、3月12日(土)に公開される山田洋次監督の新作映画『家族はつらいよ』の上映を記念して、“寅さん”の名で親しまれる同監督による名作『男はつらいよ』を取り上げる。

今回上映される1975年の第15作『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』は、1973年の第11作「寅次郎忘れな草」で登場したリリーこと浅丘ルリ子が2度目の出演。浅丘はのちにも度々登場し、シリーズ最多出演のマドンナとしても知られている。

また1989年の第42作目『男はつらいよ ぼくの伯父さん』では、マドンナに後藤久美子が登場する。恋の相手では寅さんではなく、吉岡秀隆演じる甥の満男。アドバイザー的な立ち位置の寅さんにも注目の1作だ。

昭和を代表する名作を残した山田監督が、2016年の今『家族はつらいよ』でどんな家族像を描き出すのか。新作上映もあわせて楽しみたい名画座企画だ。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.2
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.3
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
PAGE TOP