logo_s

アーティストユニット・マグマの新作30点を展示 中目黒VOILLDで個展「SYMVOL(シンボル)」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年3月12日〜2016年4月3日 目黒区
アーティストユニット・マグマの新作30点を展示 中目黒VOILLDで個展「SYMVOL(シンボル)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

目黒区青葉台にあるギャラリー「VOILLD」で、マグマによる新作個展「SYMVOL(シンボル)」が開催される。会期は2016年3月12日(土)から4月3日(日)。

「SYMVOL(シンボル)」キービジュアル

「SYMVOL(シンボル)」キービジュアル。左「GOD OF THE WIND」(2016/Mixed Media)右「WORKMAN」(2016/Mixed Media)

マグマは、2008年に杉山純氏と宮澤謙一氏によって結成されたアーティストユニット。樹脂、廃材、電動器具、木などを手作業で組み合わせ創りだす独特な世界観を得意としており、展開の幅は広告美術、空間演出、家具、プロダクトまでと幅広い。これまでに木村カエラ、サカナクション、きゃりーぱみゅぱみゅなどのMV美術を手がけるほか、ゆずのツアータイトルデザイン、ステージセットへの美術作品提供なども行っている。

用いられる個々のプロダクトには見覚えがあるのに、作品として完成すると全く別の静物になる。そのキャッチーさと、ほのかに感じられる違和感に、見た者はハッと胸を掴まれるのではないだろうか。

本展では、街の中にある標識や看板、建築などをはじめとするモチーフを、マグマによる解釈で再構築したオブジェや、スカルプチャーなどの立体作品を中心に、コラージュやペインティングの平面作品などおよそ30点を発表する。また、展示作品をはじめ、新作キーホルダーなどの限定グッズも販売するという。こちらにも注目したい。

あああ

上「MAO HEAD」(2016/Mixed Media)下「BACK TO THE PAST TABLE」(2016/Mixed Media)

マグマによる、本展「SYMVOL」へのコメントは次のとおり。

2001年9月11日、ワールドトレードセンターというマンハッタンのシンボルの消失によりキングコングは立ち位置を失った。

シンボルは命を持ち、放っておけば持つ意味が変容し、しるしとしての役割を果たさなくなり静かに忘れ去られてしまう。

今日もそこかしこで工事が行われ、この世界には完成形がないということを僕らに伝えているようだ。

人間が人間らしく生きていくということは独自のシンボルを作り続けていくことなのかもしれない。

マグマ近影。

マグマ近影。杉山純氏(左)、宮澤謙一氏(右)。

関連記事

EVENT

  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日
  • 裏原宿の「FANZA」ギャラリーのシリーズ個展・第...
    2018年9月22日
  • 写真表現を通じ空間を“拡張”する柏木瑠河氏と余宮飛...
    2018年9月21日

RANKING

  • no.1
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.2
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    天才司会者・もんちゃんの妙技。蒲田のパブ「オアシス」が日本一の理由
  • no.5
    パンの未来は世田谷にある 〜パンラボ池田浩明による世田谷パン論〜
PAGE TOP