logo_s

1500年にわたる日本の“医”の歩みを振り返る 本駒込・東洋文庫ミュージアムで「解体新書展」

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • contact
EVENT
東京のあらゆるカルチャーにまつわるイベント情報をお届け。
2016年1月9日〜2016年4月10日 文京区
1500年にわたる日本の“医”の歩みを振り返る 本駒込・東洋文庫ミュージアムで「解体新書展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文_編集部

文京区本駒込にある「東洋文庫ミュージアム」で、『解体新書展―ニッポンの「医」の歩み1500年―』が開催されている。会期は2016年4月10日(日)まで。

『解体新書展―ニッポンの「医」の歩み1500年―』キービジュアル

『解体新書展―ニッポンの「医」の歩み1500年―』キービジュアル

ドイツ人医師のヨハン・アダム・クルムスが執筆した医学書『解体新書』は、1774年に杉田玄白らの手によって翻訳された。この翻訳事業が達成された背景には、当時の医師と学者による豊富な知識量があったからに他ならない。本展は、学校法人北里研究所、北里柴三郎記念室と共催で開催されるもので、北里柴三郎博士の研究・医療・教育等の業績を踏まえながら、古代から近代までおよそ1500年にわたる日本の「医」の歩みを振り返る。

また、本年が没後150年にあたるドイツ人医師フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの特集展示も同時開催されている。

関連記事

EVENT

  • 「結局誰なんだ!?」総勢51名の作家が「なかむらし...
    2019年12月9日
  • 宇野薫氏によるアパレルブランド〝100A〟のポップ...
    2019年6月21日
  • モンスターが入り乱れるソロ・エキシビジョン“TOM...
    2019年4月18日
  • 真冬の下北沢で、本格派のアウトドアサウナが限定オー...
    2018年12月19日
  • 上野公園の野外ステージで、音楽フェス「SHAKE ...
    2018年10月19日

RANKING

  • no.1
    吉原で知る日本の性風俗史 “お歯黒どぶ”の縁でカストリ書房が伝えたい...
  • no.2
    〈フォトレポート〉白熱の西浅草 平成29年浅草神社例大祭「三社祭」
  • no.3
    東京イチの危険地帯 墨田区から考える東京の災害(前編)
  • no.4
    大学堂ラストラン!東京下町の移動アイスクリーム&ホットドック屋が41年...
  • no.5
    浸水対策には攻めの防災!「土のうステーション」を使いこなす
PAGE TOP